富士見L文庫<br> 千駄木ねこ茶房の文豪ごはん〈2〉あったか牛鍋を囲む愛弟子との木曜会

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

富士見L文庫
千駄木ねこ茶房の文豪ごはん〈2〉あったか牛鍋を囲む愛弟子との木曜会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 19時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040743226
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

猫先生(漱石)と文豪ごはんにあやかり、祖母から継いだカフェを『漱石ねこ茶房』と名付けた亜紀。
寒月の支えもあってお店は順調……と思いきや近所にライバル店がオープン。
さらに「猫の毛が入っていた」と騒ぎ立てられ、客足が完全に途絶えてしまう。
窮地に陥りやむなく休業することにした亜紀だが、そこに現れたのは――
「夏目先生ですか」
まさかの転生文豪、芥川?
さらに「おれと死ぬ気で恋愛してみないか?」と太宰まで現れて!?
好き勝手な文豪たちとお店を立て直すほっこりおいしい人情物語!

内容説明

猫先生(漱石)と文豪ごはんにあやかり、祖母から継いだカフェを『漱石ねこ茶房』と名付けた亜紀。寒月の支えもあってお店は順調…と思いきや近所にライバル店がオープン。さらに「猫の毛が入っていた」と騒ぎ立てられ、客足が完全に途絶えてしまう。窮地に陥りやむなく休業することにした亜紀だが、そこに現れたのは―「夏目先生ですか」まさかの転生文豪、芥川?さらに「おれと死ぬ気で恋愛してみないか?」と太宰まで現れて!?好き勝手な文豪たちとお店を立て直すほっこりおいしい人情物語!

著者等紹介

山本風碧[ヤマモトフミ]
福岡出身。第一回カクヨムWeb小説コンテストにて特別賞を受賞し小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっしー

15
新しくお店をオープンしたものの、似たコンセプトのお店が近くに出来たり、SNSの中傷や異物混入騒ぎ。それらと必死に戦う亜紀とサポートする寒月の姿、応援したくなりました。漱石だけではなく、彼と縁ある文豪達も登場して、お店としてはますます賑やかになりました。地上げに関しての嫌がらせも、無事に一件落着です。お店のリニューアルに継いで、二人の仲も進展しないかな。続編がありそうなラストなので、楽しみにしています。2022/08/23

sugar&salt

7
シリーズ2作目。芥川と太宰の転生文豪も現れて、めっちゃ賑やかなことに。猫の肉球でSNSに投稿するって夏目先生器用だなと思うし、打つ姿を想像すると絶対可愛い!亜紀と寒月の仲はなかなか進展せずで少しじれったいけど、亜紀のピンチにすぐ駆けつける寒月は格好いいなー。2023/01/31

RINGOoisiiiiiii

7
祖母のカフェを継いだ亜紀。しかし類似したお店のオープンと猫の毛が入っていたとSNSで拡散され人がこなくなり休業することになり…。面白かった。店舗SNS炎上は今なら頻繁に見かけるので人ごとではない…。配信とか偽装とかリアルすぎてひえっとなる。それが真実か嘘が見極めるのが大事とはいえ怖い。そしてメイン二人もうくっついちまえーー!と言いたくなるくらいにはじれじれだし両方想いというかこれで付き合ってないんです??続刊も楽しみにゃのだ!!2021/12/15

チェス

5
文豪先生たちが姿かたちを変え登場。面白かった。 表紙が可愛い!2022/08/14

hotate_shiho

3
漱石と文豪ごはんにあやかり『漱石ねこ茶房』を営む亜紀。寒月の支えもあり順調かと思いきや、近所にライバル店がオープン。休業を余儀なくされるが、そんな時に転生文豪が現れる。凄く面白かったです。2021/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18794388
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。