富士見L文庫<br> 花街の用心棒〈4〉流れる風の向かう先

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

富士見L文庫
花街の用心棒〈4〉流れる風の向かう先

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月27日 20時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040741772
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 女用心棒・雪花は、政変を阻止すべく隣国の迦羅へとやってきた。迦羅の皇子・羅儀や養父・風牙たちとともに、毒に倒れた現皇帝を救い、玉座を狙う紫雲を抑え込むために奔走する。その中で雪花は両親を知る人たちと出会い、彼らの思いに触れることとなり――。
 一方、美貌の青年貴族・志輝は西の大国・江瑠沙を訪れる。この地では、雪花たちにとって起死回生の一手となる出来事が今まさに起ころうとしていた。
 消せない過去を胸に抱き、それでも踏み出す。明日を生き抜くために。心に深く刻まれる第4巻。

内容説明

女用心棒・雪花は、政変を阻止すべく隣国の迦羅へとやってきた。迦羅の皇子・羅儀や養父・風牙たちとともに、毒に倒れた現皇帝を救い、玉座を狙う紫雲を抑え込むために奔走する。その中で雪花は両親を知る人たちと出会い、彼らの思いに触れることとなり―。一方、美貌の青年貴族・志輝は西の大国・江瑠沙を訪れる。この地では、雪花たちにとって起死回生の一手となる出来事が今まさに起ころうとしていた。消せない過去を胸に抱き、それでも踏み出す。明日を生き抜くために。心に深く刻まれる第4巻。

著者等紹介

深海亮[フカウミトオル]
圧倒的な登場人物の魅力と、先が気になるストーリー展開で読者を引きつけてやまない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

43
好きなシリーズの新作!澄、江留沙、迦羅と舞台が三国になった上みんな名前が2つずつあるので笑、なかなかややこしい感じに!全体はシリアスだけど基本的に面白おかしい人達なので、時々声をあげて笑えますw途中外伝のような夜摩の話が差し込まれたのが違和感ですが、でもあそこで入れないと背景が分からないですしね…三国問題をこの1巻だけで収めるとは凄い、重厚な1冊!しかも、もう進展無理でしょ…と思ってたら雪花の裏表ない性格が良く作用して思いがけず大進歩じゃないですかねこれは!え、でも完結みたいな終わり方…続きますよね!?2022/04/22

あっちゃん

20
雪花の母親の故郷のゴタゴタを片付けに(笑)内容的にもボリューム凄くて大丈夫かな?と思ったけど、ちゃんと最後には収まった!随分キリがいいけど、コレ最終巻なの?( ̄▽ ̄)2023/05/02

はなりん

15
雪花の母の故郷の政変を収めに迦羅へ。白哉が過去のケジメをつけたり、帰蝶の新たな顔が見れたり、キャラも多く盛りだくさんでした。一応綺麗に一段落した感じですが、続きますかね?どうでしょう?2022/07/30

kmori299

4
おお、このボリュームでうまくまとめてきたなあという感じだ。タイトルからはちょっと離れてきたかなあという感じがしていたので、帰還して良かったねと思う。雪花の啖呵、これまでを思うと実感があるよね。よかった。2022/09/19

よっしー

2
一応ひと段落ですね。取り敢えず一安心。風牙のせいで振り出し感があるけど、雪花と志輝がどうなるかは1巻で盛大にネタバレしてたからなあ😅2022/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19457180
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。