富士見L文庫<br> 南箱根のおまもり石屋さん―水晶とふくふく白猫

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見L文庫
南箱根のおまもり石屋さん―水晶とふくふく白猫

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月17日 12時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 228p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040741222
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

高校を不登校になった千代里は、祖母の勧めで南箱根の「願いが叶う」という石屋・素玉館でアルバイトを始める。一見強面な店主とふしぎな白猫と一緒に働くうちに、千代里は少しずつ「自分」を取り戻していき……。

内容説明

高校を不登校になった千代里は、家業の旅館の手伝をしている。現状を変えたくて、祖母の勧めでアルバイトをすることに。バイト先は南箱根にある“願いが叶う”と話題の石屋、素玉館。アクセサリー作りが好きな千代里には願ってもない職場だった。一見強面な店主、司とオッドアイの不思議な猫ニシキと一緒に働くうちに、千代里は少しずつ変わっていき…。「あんな感情を持ってる私が扱っても、石は穢れませんか?」風光明媚な南箱根から贈る、天然石と不思議な猫が導く物語。

著者等紹介

須垣りつ[スガキリツ]
『紅茶館に転職したら、裏稼業が祓い屋でした。』にて第2回富士見ノベル大賞審査員特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

19
不登校の千代里がアルバイトすることになったのはちょっと不思議な天然石屋さん。完全予約制でその人の悩みを聞いて、それに合った石を用意してくれる。千代里のアクセサリー作りも役に立って、居場所ができてよかった。2021/08/13

hotate_shiho

2
不登校になった千代里は、家業の手伝いをしているが、現状を変えたくて、祖母の進めでバイトをすることに。バイト先は南箱根の石屋、素玉館。強面な店主の司と、不思議なオッドアイ猫のニシキと一緒に働くうちに変わっていく。面白かったです。 2021/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17950355

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。