富士見ファンタジア文庫<br> あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?

個数:
電子版価格 ¥330
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月26日 16時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040740652
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「半月後私たちは恋人になるのだけど、あなたはその直後に死ぬわ」隣の席の美少女・笹篠から突然の告白&余命宣告!? 運命を変えるため、今すぐ恋人になろうと迫る笹篠だが……そのセリフ、三人目なんですけど!?

内容説明

高二の春、俺にモテ期がやってきた。「お弁当作ったの。ほら、あーん」「家行ってもいい?」隣の席の笹篠が、やけにグイグイ迫ってくる。更には「あなたを救いに未来から戻ってきたわ!」なんて言い出して…ってそのセリフ言うの、実は三人目なんですけど!?ベタベタ甘えてくる子犬系後輩の迅堂に、ますます大胆になる幼馴染の海空。同じセリフを口にする三人は、全員未来の恋人だと主張して!?もう一度付き合いたい元(?)恋人たちによる、アピール合戦が今始まる―って、え?三股は不可避なの!?幸せな未来へ、(俺の)命懸けヒロインレース開幕!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

39
高校生の白杉巴が出会った三人の自称・未来の彼女。全員が未来の恋人だと主張して、巴の死を回避するため、運命を変えるためにアピール合戦を始める彼女たちとの青春ラブコメディ。挨拶を交わす程度の仲だったはずの隣の席の美少女・笹篠、バイト仲間にして学校の後輩・迅堂、そして又従姉で本家の現当主・海空。それぞれのやり方でぐいぐい来る彼女たちは、一方で巴の死を回避するために一生懸命で、彼女たちとその死を回避する方法を探り、その原因を突き止めるべく真相に迫る展開はなかなか面白かったです。ヒロインたちとの今後にも期待ですね。2021/04/22

TERU

14
ラブコメ!かと思ったらタイムリープを使ったミステリー作品でした。 序盤は未来から主人公を救いに来たというヒロインが次から次に出てきてのドタバタラブコメディ。このままの流れで行くのかと思ったら、中盤でヒロインの子が主人公庇って死んでから様子がおかしくなります。(ネタバレになるのがここら辺で) 割とハードなループものですが、コメディとシリアスのバランスが良く、ミステリーパートも続きが気になる面白さ。(結末は正直随分規模小さいなと思いました) 続刊もまだまだ出来る様なラストだったので続きが出たら読みたいです。2021/05/15

サケ太

11
良いSF。題名に比べて意外にハードなループもの。何事にも全力で、見えない敵を相手に真相を探り続ける巴の姿が素敵。2021/04/29

nishiyan

11
高校二年生の白杉巴に訪れた突然のモテ期。その正体は隣の席の美少女・笹篠、子犬系後輩の迅堂、幼馴染の海空、未来から来た恋人と称する三人との自らの命を懸けたラブコメディが開幕。何度も繰り返された悲劇の中で、その辛さに耐えながら巴のために最善を尽くすヒロインたち、彼女たちの想いに応えようと運命に抗う巴の構図は青春そのもの。姦しい女の戦いがありながら、なぜ巴が狙われたのかとミステリー要素が盛り込まれたのが面白い。最初の危機を乗り越えて、この恋のレースはどうなるのか。また巴は天寿を全うできるのか。次巻が楽しみです。2021/04/27

のれん

10
中々凝ったSFラブコメ。 タイムトラベルものでありつつ、未来人同士だと意識し合ったら記憶を失うというのが中々面白い。 事象改変はよくあったが、記憶改変は読者がついて行きにくいため、手が出しにくい内容だと思うが、上手くそうならないように処理する所で緊迫感を出していた。 とはいってもそれは中盤以降で、前半の未来人ヒロインラッシュと、バレバレなのに気づかない勘違い展開は間延びしていた。 WEB系特有の短編化を上手く調節しているが、やはりスロースタートなのは気になった。2021/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17709779

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。