富士見L文庫<br> 科学喫茶と夏の空蝉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
科学喫茶と夏の空蝉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 06時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040739892
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

喫茶店『C3-Lab』 のマスターで元科学者の緋子。ある朝、常連の冬子が連れてきた少年は行方不明者だった。冬子は彼を「霊障がある状態っぽい」と言う。さらに「ここは安全だから」と喫茶店に預けられ――!?

内容説明

食器は化学器具、マスターの猫目緋子は白衣姿という一風変わった喫茶店『C3‐Lab』。元科学者で科学を愛する緋子の営む喫茶店だ。ある朝、常連の冬子が娘夏乃佳と一緒に美しい少年を連れてくる。けれど少年は行方不明者としてニュースで見たばかりの顔だった。戸惑う緋子に冬子は、少年が“何か”に憑依されているかもと言う。非科学的なことを嫌う緋子の当たり前の日常は、その日から「科学的」とは少し離れていって―。「人間でも、そうじゃなくても…全然、何も変わらないです」科学×オカルト×猫の日常系ミステリ!

著者等紹介

福岡辰弥[フクオカタツヤ]
長野県出身。『科学喫茶と夏の空蝉』で『カクヨムオーバー30歳主人公コンテスト』の特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひぬ

21
科学喫茶「C3-Lab」のマスターである緋子はある日、行方不明である少年の保護を友人の冬子に頼めれてしまいます。冬子の娘である夏乃佳と一緒に彼女の「当たり前」は揺らいでく事になります。彼女から真っ向から否定していたものは身近に。帯の謳い文句は少し的外れで、科学成分は緋子の思考回路や背景以外あまり無く、オカルトメインで霊や怪異を緋子の科学的な思考からそれに関わる感じでした。(そして猫成分もほぼなし。)全体的に少し掴みきれない作品ではありましたが、最後はかなりヒヤッとしたり、色々と考えさせられました。2021/09/12

coco夏ko10角

16
喫茶店を経営している緋子、よく預かっている知り合いの娘がある日行方不明のはずの美少年を連れてきて…。オカルトがメインだった。タイトルにするなら科学喫茶要素もっと欲しかったな。2022/05/17

なみ

9
科学喫茶のマスターである緋子は、行方不明になったはずの美少年を預かることに。 緋子のクールな言動と、夏乃佳の可愛らしさ、そしてオカルトでホラーチックな雰囲気が絶妙なバランスで描かれています。 ラストの一行まで気の抜けない、怖くて不思議な作品でした。2021/05/04

barcarola

3
霊とか妖怪とか、そちら系のお話。タイトルにある「科学」は何処へ?2022/06/04

bluets8

3
オカルトな事件を科学的な視点で切り込む日常ミステリを想像していたら、ホラーと人情が半々くらいのオカルト小説が出てきた。ミステリはおろか科学要素もないのは流石に予想外。なんで科学喫茶だったんだろう。必然性も必要性も感じられないんだけど。作者の趣味かな? 科学喫茶の単語に惹かれて買った身としては不完全燃焼。2021/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17683339

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。