富士見L文庫<br> 見習い巫女と不良神主が、世界を救うとか救わないとか。

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
見習い巫女と不良神主が、世界を救うとか救わないとか。

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 10時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 313p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040739090
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

◆◇◆◇◆謎の美青年・神威との出会いから、お守りの“鳴らない鈴”が警告の音を響かせ…? 少女・世莉の運命が巡る!◆◇◆◇◆

 世莉(せり)の高校に転校してきた美青年・御巫神威(みかなぎ かむい)。彼に憧れる女子生徒が多い中、世莉だけは違和感を感じ取る。銀髪なんて怖い……。
 しかし、友人は彼を黒髪だと言い、お守り代わりの"鳴らない鈴"は警告するように鳴り響く。
 その神威が世莉の暮らす神社に現れた夜。ご神体として祀られていた剣の鞘が、事故で世莉の身体に同化してしまう!
 実は神々を鎮める"神主"だという神威。剣と共鳴する世莉は、その力を狙う者から保護されるかわりに、神威が求める神剣のカケラ"玉鋼(たまはがね)"集めに協力することに――。

【少女・世莉は仮そめの巫女となり、神話の剣と運命を見出す!】

内容説明

世莉の高校に転校してきた美青年・御巫神威。彼に憧れる女子生徒が多い中、世莉だけは違和感を覚える。銀髪なんて怖い…。しかし、友人は彼を黒髪だと言い、お守り代わりの“鳴らない鈴”は警告するように鳴り響く。その神威が世莉の暮らす神社に現れた夜。ご神体として祀られていた剣の鞘が、事故で世莉の身体に同化してしまう!実は神々を鎮める“神主”だという神威。剣と共鳴する世莉は、その力を狙うものから保護されるかわり、神威が求める神剣のカケラ“玉鋼”集めに協力することに―。エブリスタ1位の人気作!

著者等紹介

桜瀬ひな[サクラセヒナ]
女性作家。ひな名義での作品に、コミカライズされた「君に伝えて…」シリーズ(集英社)ほか、『君をおいかけて』や、『蝶は花に止まりけり』(いずれもKADOKAWA)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひぬ

23
古事記の伝説をめぐる和風ファンタジー。神主の孫である主人公・世莉が通う高校に、謎の転校生・神威が編入してくるところから始まります。ある事故によって世莉の身体に同化してしまったご神体の剣の鞘を取り除くことが当面の目標となりますが、その一環として神剣のカケラの玉鋼集めにも協力することになります。設定は面白いと思いましたが、風呂敷を広げすぎていて、それをあまり回収できていなかったのが残念に思いました。全体的にイマイチ話についてけなかったのと、物語があまり進展しなかったので、もう少し纏まりが欲しかったところです。2021/04/30

mariann

18
うーん… テーマは面白いのに文章がイマイチなのか全然進まなかった。まず題名。見習い巫女は分かるけど神威は不良じゃ無いよね。彼の抱える何かもそうだけど剣の欠片を集めていくという話。収穫は1個だった。続く気満々だけど続き出版されてなさそうたし… あと、エピローグをまんま本文で繋いでくるのはやめてほしい。そこは読んだので割愛で。あとはそうねぇ…←まだある 物語の距離感。島根の田舎町から奥出雲へ行って、その足で出雲大社。それもうお参りする時間なくない?近くないよ?…まだまだツッコミどころの多い作品でした(笑)2022/08/07

12
この終わりかたは続くってことなのかしら!?題材やキャラは面白いけど、どうも文章がとっちらかってる気が…。まあ、続くようならどうなるか気になるし読んでみようかな。2021/07/31

ぷに丸

10
古事記の話が出てきたり、ヒロインの心の成長が見られたりといろいろな角度から楽しむことができました。なんだかんだ優しい神威と世莉の関係が今後どう変わっていくのか、二人のどんな活躍が見れるのかが楽しみな一冊でした。続編を期待して待っていたいと思います!2021/01/02

色素薄い系

4
神威は不良なのか…?ただ口が悪いだけでは…?話の展開としては面白くなりそうだけどこの1冊だけだと肝心の玉鋼全然集められてないのよね。先生唆したのは誰なのかとか那智が気付いてる何かとか伏線はあるんだけど続きが出そうにない…2022/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16956427

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。