富士見ファンタジア文庫<br> 我が魔道書は此処に在り―没落貴族と魔道学院

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
我が魔道書は此処に在り―没落貴族と魔道学院

  • 提携先に100冊在庫がございます。(2022年06月30日 04時14分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 313p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040738116
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

七年前―名門ロレーヌ公爵家は壊滅した。陰惨な闇討ちを受け、貴族の誇りである魔道書を失うという、最悪の形で。没落公爵家に残された、幼き令嬢ルネと騎士アルト。ロレーヌ家を陥れた宿敵への報仇、誉れ高き家門の再興を生涯の誓いとしたふたりは、伝統あるベルン帝立魔道学院の門を叩く―。帝国随一の荘厳な学び舎。天賦の才に溢れる俊英ぞろいの学徒たち。新たな一歩を踏み出したふたりだったが、否が応にも七年前の謀略に潜む黒幕との戦いに巻き込まれていき…。胸に抱くは、気高き使命と揺るぎなき矜持。世界を変える力、魔道にすべてを捧げた少年たちの熱きバトルファンタジー開幕!

著者等紹介

大黒尚人[オオクロナオト]
『フルメタル・パニック!アナザー』でデビュー。九州出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
七年前に陰惨な闇討ちを受け、大切な魔道書を失う最悪の形で壊滅した名門ロレーヌ公爵家。残された幼き令嬢ルネと騎士アルトが、宿敵への報仇と家門の再興を誓ってベルン帝立魔道学院の門を叩くバトルファンタジー。帝国随一の荘厳な学び舎に入学した彼らが、否が応にも巻き込まれていく七年前の謀略に潜む黒幕との戦い。切磋琢磨するライバルがいて、支えてくれる姉のような存在がいて、明らかになってきた七年前の因縁と、なかなか強大な仇敵相手にどのように戦っていくのか、物語をどこまで広げていけるのか、今後に期待したい新シリーズですね。2020/09/20

まるぼろ

24
とある理由で名実ともに没落したロレーヌ公爵家の遺児であるルネとその従者のアルトは、ロレーヌ家としての「御家再興」を目標と定めてベルン帝立魔導学院へ入学するが…というお話です。想像以上に面白かったです。心優しくも芯の強いルネと、言葉通りな従者で騎士で…なアルトの覚悟の決まったコンビも読んでいて楽しかったですし、また思った以上に肉体言語的な魔導バトルも読み応え十分でした。ベアトリスもいい友人枠かと。今巻だけでも色々と布石が出てきましたが、そのそれぞれの思惑が次巻以降どう話として進んでいくのか非常に楽しみです。2020/10/20

まっさん

21
★★★☆ 超が付くほどの王道ファンタジー物。父親を暗殺者に奪われ、貴族の誇りである魔道書を奪われた少女とそんな彼女に付き従う少年が、家を再興し自らを陥れた宿敵への仇討ちのために伝統ある魔道学院に入学する話。全体を通して非常に丁寧な構成となっており、良く言えば王道作品と言えるものの、若干テンプレ味を感じる部分もあり、展開が予想しやすかった所は少し面白みに欠けたかなと思ってしまう。しかし、学園要素に復讐要素、ボーイミーツガール要素と総じて万人受けする要素が詰め込まれているため、大きく外す事もないであろう作→2021/01/03

のれん

18
とてもスタンダードな作品。 設定展開どれもが分かりやすく、文章もこなれた感じで読みやすい。 しかし逆に言えばありきたりでもあって、一〇年前に出ても何ら違和感を感じない。何時の世も人気ジャンルはあるだろうけど、良作になるのは惹きつけられる個性に他ならない。 丁寧だけど目を引くものがないのは厳しい。 あと、呪文とかも分かりやすいんだけど、もうちょっと固有ワードとか独自設定とか欲しかったなぁ。こんなんやろうな、とサクッと予想できてしまうのは残念。2020/09/19

げんごろう

16
秘めたる力で名門へ返り咲こうとする展開はまさに王道。そして貴族と騎士の主従愛。今後これに恋愛という要素を加えたら更なる盛り上がりが期待できそう。オーソドックスな話ではありますが、大きな可能性を予感させられる作品。次巻も楽しみです! 2020/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16464991

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。