富士見ファンタジア文庫<br> たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月21日 23時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040737447
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

生まれ持った“職業”によって人生が決められてしまう世界。コロッセオにて最強のチャンピオンながら“無職”ゆえに蔑まれ疲弊していたフウタは、自ら八百長計画に乗って追放される。その後、放浪の果てに王女ライラックと出会ったフウタは、何故か決闘を申し込まれ―その特殊な戦闘スタイルによる圧倒的な実力を見込まれ、食客=ヒモとして招待される事に!?「胸を張り己を誇りなさい。貴方の価値を私が見込みました」何不自由ない生活を送りながら、有事には元チャンピオンとしての傑出した剣の才覚を発揮していく!理不尽に蔑まれた最強の“無職”が、遂に報われる人生逆転ファンタジー、開幕!!

著者等紹介

藍藤唯[アイフジユウ]
ライトノベル作家。2014年デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

23
★★★☆ 同作者の過去作を読んでいたのと表紙に惹かれて購入を決めた今作。なろう発のファンタジー物を読みたいなという気分であったことも影響してかかなり楽しむ事ができた。職業によって特定のパラメーターが向上する世界において、「無職」という職業を与えられてしまった主人公・フウタが自らの努力によって闘技場のチャンピオンにまで登り詰めるも一つの過ちによって全てを失ってしまう。そんな時、とある出来事から一国の王女の食客として招かれる事になったフウタは癖の強い美少女メイドであるコローナとの騒がしい日常生活や王女のあ→2020/09/05

しぇん

16
web版未読。なぜか凄く読みにくかったです。変な言葉と行動をするメイドのせいかな?と思いましたが、登場していなくても読みにくい所多かったので原因は別ですかね。設定は嫌いじゃなかったです2020/08/20

かっぱ

15
生まれ持った『職業』によって人生が決められる世界で、『無職』でありながらコロッセオにて最強のチャンピオンだった青年の物語。単純な俺TUEEEな物語を想像していたけれど、これは最強の座を追放され落ちぶれた青年が王女ライラックと出会うことで強さを取り戻すお話だ。定められた職業に縛られながらも生きることに疑問を覚えるライラック。それは彼女自身が独特の職業を持ち合わせているから。強さだけでは幸せになれない。けれど、強さを求めて重ねた努力の結晶が、彼をこの結末まで導いたのならこれ以上に幸せなことはないだろう2021/02/24

げんごろう

14
天性の“職業”が全ての世界で最強の無職が王女と出会う物語。無職ならではの戦闘スタイルは独特で興味深く、そんな彼を拾った王女の思惑も相まって壮大な物語を予感させられました。作者曰く次巻からが本番という事で今巻は前日譚と言ったところでしょうか。今後の展開が楽しみな作品です。2020/08/31

サキイカスルメ

11
メイドコローナの独特なテンション大好き!コロッセオ最強のチャンピオンでありながら、【無職】持ちで相手の模倣という戦い方で観客に不人気すぎて追い詰められ追放されたフウタと、彼を拾った美少女王女様ライラックのお話。フウタは、かなり真面目といいますか、何を考えているかあまり見せないライラックとは対照になっていたように感じました。そしてそんな二人を茶化しまくるコローナちゃんが、大好きです。最後にようやくフウタの想いが届いて、ライラックの心からの叫びからの展開が素晴らしかったです。イラストも大変好みで素敵でした。2020/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16293247

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。