富士見L文庫<br> 後宮妃の管理人〈3〉寵臣夫婦は繋ぎとめる

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

富士見L文庫
後宮妃の管理人〈3〉寵臣夫婦は繋ぎとめる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月26日 17時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040736808
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



しきみ 彰[シキミ アキ]
著・文・その他

Izumi[イズミ]
イラスト

内容説明

後宮妃の管理人・優蘭のおかげで皇帝の寵妃・紫薔の懐妊も落ち着き、後宮内に平和が訪れた頃。優蘭たち夫婦に新たな試練が舞い込んできた。「陛下と離縁をしたいので支援してほしい」四夫人のうちの一人から、一通の手紙が届いたのだ(あのぼんくら皇帝が何かをしたに決まってる!)。しかもその夫人、皇帝の子を宿したが“不慮の事故”で流産した過去を持つらしく―。貴妃や皇帝を狙う刺客まで現れ、優蘭を悩ませる問題が続々勃発?一難去ってまた一難。どうする寵臣夫婦!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅてふぁん

44
皇帝と妃の夫婦喧嘩に巻き込まれる寵臣夫婦。ただでさえ2人ともめんどくさい性格してるのに喧嘩の仲裁役だなんてお気の毒なことで。うーん、、、後宮の妃たちの気持ちがどうしても分からない…いや、なんとなくは分かってはいるはずなんだけどなぁ。自分たちが恋してる男(皇帝)を妃同士で褒め合って、しかも仲良さげに盛り上がってるなんて!想像したくない、、、2020/06/19

坂城 弥生

33
結末は痛快な感じで良かった。2023/12/12

よっち

33
管理人・優蘭のおかげで皇帝の寵妃・紫薔の懐妊も落ち着いた頃。四夫人の一人・史賢妃から「陛下と離縁をしたいので支援してほしい」と一通の手紙が届く第三弾。皇帝の子を宿したが流産した過去を持ち、かつては皇帝・劉亮や晧月のともに留学したこともある賢妃の逡巡。賢妃も不器用過ぎるけど皇帝もまた面倒くさくて、優蘭夫婦も大変ですね(苦笑)貴妃や皇帝を狙う刺客まで現れて、黒幕らしき人物も出てきましたけど、二人揃ってワーカーホリック気味で、名前呼びとかで恥ずかしがってしまう初々しい優蘭夫婦の進展にもそろそろ期待したいですね。2020/08/12

よっしー

30
皇帝と妃の拗らせすぎた夫婦喧嘩。お互いに言葉が足りないからこそ起こった喧嘩、最終的には尻に敷かれた皇帝が出来上がり、個人的にはスカッとした部分もあるのですが…こんな皇帝のどこがいいんど?と、失礼ながら感じてしまう部分が多すぎて…。だからこそ、優蘭と皓月のほのぼのとした夫婦のやり取りにホッとしました。少しずつ距離が縮まっているのが良いですね。2022/07/18

那由多

19
ワーカーホリック夫妻が巻き込まれる、皇帝の離縁問題。女性に拳を向けるって、皇帝サイテーだな。パーじゃなくてグーだよ⁉︎額に巻物投げつけた優蘭、好きよ。賢妃に訴えて、反撃する逞しさも好き。いい仕事しますね優蘭さん。皓月は、カッコいいところから可愛いところまで全部見せてくれた。妻に恋する夫が、呼び方だけではしゃぐ様子も微笑ましかった。2021/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15866172
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。