富士見ファンタジア文庫<br> 両手に妹。どっちを選んでくれますか?〈2〉

個数:
電子版価格 ¥396
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
両手に妹。どっちを選んでくれますか?〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月26日 20時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 313p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040735856
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大好きな兄を巡る姉妹の争いは、ライバル登場で一時休戦!?

内容説明

「「なんでこんな運命のイタズラが起こるのーっ!!」」月城家での暮らしにも、二人の妹である菫と椛の喧嘩を仲裁する日々にも慣れてきた頃。二人の従姉妹を紹介してもらうことになった俺は、そこで昔のクラスメイト・葉山さんと再会する。しかも彼女が俺の大好きなプロゲーマーMISAKIの正体だったなんて、こんな偶然ってあるんだな!「…ほんと、う、運命だよね」って、菫も椛も何か様子がおかしくないか?何か妙に息が合ってるというか…ま、いいことだけどな!一人の兄を巡る妹たちの戦いの日々は、強力ライバル登場でまさかの停戦&共闘へ!?兄妹ホームラブコメディ、第2弾!!

著者等紹介

恵比須清司[エビスセイジ]
第26回ファンタジア大賞にて金賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

15
大好きな兄を巡って恋のバトルに燃える菫と椛は、同じく恋に悩む大好きな従姉の美咲を兄に紹介する事に。だが美咲は、隼人のかつてのクラスメイトにして大ファンであるプロゲーマーのMISAKIで、美咲の恋の相手は隼人で…。大好きな兄を渡す事は出来ないけれど、大好きな美咲を悲しませたくないし……もうどうしたらいいの!?状態な姉妹の苦悩と暴走に苦笑しつつも、大好きな二人を悲しませたくないという優しい気持ちが膨らみ過ぎてテンパっている姉妹は見ていて楽しかったです。隼人のバイトの目的も姉妹を思いやったもので、色々な愛で一杯2020/12/08

真白優樹

8
菫と椛の姉妹喧嘩の仲裁に慣れ始める中、二人の従妹であったかつての級友、美咲と再会し菫と椛が同盟を組む今巻。―――彼女が知るのは知らない素顔、それでも彼女にだけは譲れない。 美咲という強力な恋敵の登場に、二人で協力しアプローチに当たる姉妹に振り回される中、真の家族になる為に隼人が再び頑張る巻であり、美咲という新たなヒロインであり従妹という妹が登場する事で、争奪戦が勢いを増し比例して世界も勢いを増す、面白さが本格的に始まる巻である。想いに気付かず進む隼人は、いつか想いに向き合うのか。 次巻も須らく期待である。2020/07/20

パパサレン

1
もはやここまでいくと一種の呪いではないかと思うほどの家族という言葉。隼人はその言葉から解放される日が来るのか。妹ズと美咲、勝者は誰になるのか?ちなみにわたしは美咲派です。2020/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16257021

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。