カドカワBOOKS<br> 君は死ねない灰かぶりの魔女

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

カドカワBOOKS
君は死ねない灰かぶりの魔女

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月24日 09時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 464p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040732992
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

永遠の命に絶望する女の子の「死なない理由」になると決めた――
平凡な少年は不死の呪いに苦しむ魔女を救えるのか!?

ディープなファンの集うAA掲示板が熱狂した傑作長編がついに書籍化!!

 僕は魔法使いの弟子。ボロ屋で一緒に暮らす「お師匠さま」は、世界有数の魔法使い、を自称している。
 どう見てもただの引きこもり女子だけど――。
 僕なんかと背中合わせで本を読み、料理中の僕を眺めるのが
 好きな変わり者だが、授業では鮮やかな魔法を見せてくれる。穏やかな生活は幸せで――。

 だが、ある日、不老不死の呪いに悩む別の魔女に告げられた。
 師匠は、世界を救い呪いを受けた13人の最高位の魔女の一人で、呪いを癒す能力を持つのは、世界で僕だけ!?

内容説明

僕は魔法使いの弟子。ボロ屋で一緒に暮らす「お師匠さま」は、世界有数の魔法使い、を自称している。どう見てもただの引きこもり女子だけど―。僕なんかと背中合わせで本を読み、料理中の僕を眺めるのが好きな変わり者だが、授業では鮮やかな魔法を見せてくれる。穏やかな生活は幸せで―。だが、ある日、不老不死の呪いに悩む別の魔女に告げられた。師匠は、世界を救い呪いを受けた13人の最高位の魔女の一人で、呪いを癒す能力を持つのは、世界で僕だけ!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かなで

16
な、なんかよく分からないうちに終わってしまった…。展開が早すぎて意味不明なうちに終わった…。かと言って、人?が死にすぎていて続きが気になるというわけでもない、から、このまま終わりにする。2020/04/11

のれん

6
魔女と呼ばれる、力と引き替えに他人と関係を持てない呪いと不死を持った少女たち。彼女たちと唯一交流できる主人公との危険なロマンスというまぁありがちな設定。 視覚認識や時間感覚、思考操作など結構豊富に魔女の呪いは語られるが、それらが他人とまったく関われない呪いであるというには説得力に欠けていた。 それでいて主役とそれぞれの魔女たちとの一方通行な関係しか見えてこないので、フラットな視点というものがこの作品には存在しない。 魔女と主人公に強烈な感情移入が出来れば問題ないのだろうが、導入から躓いた私にはキツかった。2019/10/17

utatsu

2
ボク、コウイウハナシ、ダイスキ。ということで、個人的に大当たりの小説でした。主人公はヤンデレ魔女たちに次から次へと狙われ(語弊あり)、血を血で洗う戦いに発展していきます。何より素晴らしかったのが魔女の設定。魔女一人ひとりの呪われた能力と歩んできた道が、主人公との関係性を鮮烈に決定づけます。思わず彼女たちの境遇に思いを馳せてしまいます。あとお師匠さまとのラストシーン苦くて切なくてとても好きです。続刊を頼む、頼むよ……。2020/08/25

Ruto

2
図書館。ライトノベル。一気に読ませる筆力はあると思うが、若干消化不良に終わったように感じる。2020/04/14

ゼノ

2
⦅★★★★★⦆ 今まで読んだラノベ作品の中でトップクラスに印象に残る作品でら、どの魔女も魅力と狂気を感じるようなキャラをしていた他、中盤以降が一気にシリアス感が増し、予想外の展開が続出し最後までワクワク感が無くならなかったり、ラストの終わり方は誰も救われず、モヤっとする感じが残りつつ、また読みたいと思えるような後味で、とても癖になる作品でした。2020/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14258617

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。