富士見L文庫<br> さくら書店の藍子さん―小さな書店のささやかな革命

個数:
電子版価格
¥682
  • 電書あり

富士見L文庫
さくら書店の藍子さん―小さな書店のささやかな革命

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月13日 13時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040732862
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

高校生の康樹が偶然入った古びた本屋「佐倉書店」。店長の藍子さんは素直でお人よしで、書店の経営は赤字続き! 康樹はそんな彼女を助けるうちに、まったく恋愛対象外だった藍子さんが気になりだして……。

内容説明

寂れた佇まいの「佐倉書店」。偶然書店に入った康樹はそこで、しつこく珈琲を勧めてくる最高に野暮ったい女性、藍子に出会う。佐倉書店の店長だという藍子は万引き犯も見逃してしまう程のお人よし。加えて書店は常連客しかおらず、赤字続き!誰にでも優しく、のほほんとしている藍子を見かねて、康樹は何度も彼女を助けることに。そのうちに、康樹は狭い範囲でひっそりと生きる彼女を、ひらけた世界に連れ出したいと考えるようになって―。小さな謎解きと、切なさがはじける青春初恋小説、全4編。

著者等紹介

浅名ゆうな[アサナユウナ]
長野県出身。『男装少女は騎士を目指す!』(KADOKAWA)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

260
祖父の残した書店を継いだ藍子さん。服装も体型も眼鏡も佇まいもどこか野暮ったい。極端にパーソナルスペースが狭くしかもオタク。裏表紙の『小さな謎解きと、切なさがはじける青春初恋小説』にふさわしいヒロインとは思えない。なのにお人好しというか無垢というか、可愛らしくて放っておけない!鈍感高校生が好きになるのもわかる。わかるけど、幼馴染の美少女リカちゃんはどうなの?可哀想すぎてそっちの方が気になって!そうそう、帯の『読めばきっと読書と恋がしたくなる』って言葉おかしくないか(笑) 読んでる時点で読書してるって‼️🙇2020/05/21

佐島楓

59
主人公の康樹が上から目線(ツンデレ?)で好きになれなかったし、藍子さんの思い入れのある書店を改装して集客を試みるという視点に思いやりがないように感じられた。藍子さんもまっすぐすぎて難しそうなキャラだ。ミステリ……ではないだろうし、恋愛といっても未満レベル? これからどういう方向の物語になっていくのか。2019/08/17

coco夏ko10角

23
高校生・康樹がたまたま寄った佐倉書店、そこにはやぼったい店長の藍子さんがいて…。常連のおじいちゃんたちのキャラいい。もうなんか幼馴染のリカが不憫すぎてのぉ…。バレンタインには毎年チョコあげててこれですよ、このにぶちんが!これシリーズ化して3冊くらいで色々どうにかなるならいいけど、これ1冊なら書店のことも恋愛のこともなんか中途半端というか…。2020/12/04

まるぼろ

21
写真共有サイトで「ツキ」というユーザー名で有名なものの平凡な生活をしたいと思っている若松康樹は、ある時ふとした事で訪れた佐倉書店に徐々に常連客として通うようになるが…と言うお話です。本が中心と言うよりは人柄が中心と言った感じの内容でしたが、そう言った意味では面白かったと思いました。距離感が近い様で実は遠い藍子さんと、そんな彼女の力になってあげたいと思う様になる康樹との関係が徐々に近づいていくのは良かったかな、と。そういう意味でもリカは不憫でしたけどね…w→2020/01/15

ホシナーたかはし

16
一時間もあれば読めてしまう、みんなの仕事、本屋再生計画中途半端。藍子さんが美人でもナイスバディでも無い表現を書く必要があるのは最初だけで、あとは各章のとば口にちらっと書けばそれで良いのでは?何度も繰り返して書いてあるのと、幼馴染のリカと彼女の思いに気づかない康樹がテンプレ過ぎて食傷気味。リカが康樹にフラれ、康樹が藍子さんにフラれる展開なら、続き読んでみたい。2019/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14096982
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。