富士見L文庫<br> 妖狐の執事はかしずかない

個数:
電子版価格
¥330
  • 電書あり

富士見L文庫
妖狐の執事はかしずかない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月12日 19時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040727134
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

新米当主と妖狐の執事。主従逆転コンビが、あやかし事件の調停に駆け回る!あやかしが見える高校生・遥の前に現れたのは、燕尾服を纏い、耳と尻尾を生やした妖狐・雅火。曰く、遥はあやかしたちを治める顔役を継いでいるらしい。ところが上流階級を知らない遥に、雅火の躾が始まって……!?

古河 樹[フルカワ イツキ]
著・文・その他

サマミヤ アカザ[サマミヤ アカザ]
イラスト

内容説明

子供の頃からあやかしが見える高校生・高町遙。祖母のお守りが力を失くして、危険なあやかしに襲われていた遙を颯爽と助けたのは、妖狐の執事・雅火だった。狐の耳と尻尾を持ち、燕尾服を纏った執事。彼が言うには、遙はあやかしたちの問題を調停するお屋敷“黄昏館”の当主を継いでいるらしい。そんな上流階級を知るはずもなく戸惑う遙。すると執事の目が嗜虐的に光り、当主教育という名の躾けが始まって…!?新米当主と妖狐の執事。主従逆転コンビが、あやかしトラブルの解決に駆け回る!

著者等紹介

古河樹[フルカワイツキ]
児童向け小説やノベライズなどを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はつばあば

52
「生き辛いからこういう妖モノが好きなんだろうか」と自分に問いかける。妖の上に君臨するみすずさん。その孫の遥は誰もが共に住める街にしたいと。若者のそういう一緒に仲良くという想いは大切だと思うが、老いたみすずの年齢に近づく私は、夢でいいから妖狐の執事を従えてみたいものだ2020/03/10

よっしー

26
妖と執事の組み合わせと来たら、読まないとと思って手に取りました。急に妖達の世界へと巻き込まれ、当主としてトラブルの調停をすることとなった遥。側にいる執事の雅火は性格が悪くツンツンしてるようにしか見えませんでしたが、読み進めていくと単なる不器用だということが分かりました。祖母である前当主とは違い、全てを救いたいと願う遥、確かに側にいる者としては無理難題なのかもですが、それをやってのける雅火はそう考えるとかなり力があるのかな。続編も楽しみです。2022/08/31

22
感想を読んで気になった作品、初読みの作家さん。こぎつねの眷属がキュート(^ ^)妖狐の執事さんもカッケー♪2020/08/10

しましまこ

21
ツンデレにも程がある妖狐執事さんより、もっふもふのこぎつね達!2018/12/23

ううち

18
町の揉め事などを解決しながら少しづつ主従関係を深めていく過程が良かったです。学校のお友達もできてよかった。 眷属の小狐たちがもふもふでとにかく可愛い。その可愛らしさの理由を知ると、ドSっぷりを発揮していた雅火にも萌える。2018/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12818477
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。