富士見L文庫<br> あやかしお宿が町おこしします。―かくりよの宿飯〈8〉

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

富士見L文庫
あやかしお宿が町おこしします。―かくりよの宿飯〈8〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月17日 14時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040726755
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

託されたのは雪国の復興!? 天神屋で培った葵のおもてなし力が試される!白夜の語った大旦那様の過去を胸に、妖都から脱出した葵は、北の地を治める八葉のもとへ向かう。美しくも閉ざされた雪国で葵を待っていたのは、知られざる美味しい名産品と、懐かしいあの人物との再会で……!

友麻碧[ユウマミドリ]
著・文・その他

Laruha[ラルハ]
イラスト

内容説明

あやかしの営む老舗宿・天神屋で食事処を切り盛りする葵。姿を消した大旦那を捜して訪れた妖都で、彼女は大旦那の過去と、“隠世”を支える料理の伝統を知る。自分の料理に出来ることは何だろう?見つめ直しながら、葵は大旦那を取り戻す協力を得るため、北の地へと向かっていた。美しくも閉ざされた雪国で葵を待っていたのは、知られざる美味しい名産品の数々と、懐かしいあの人物との再会!そして天神屋に協力する見返りに、雪国復興のための観光名物をプロデュースしてほしいと持ちかけられて!?

著者等紹介

友麻碧[ユウマミドリ]
福岡出身。小説「かくりよの宿飯」シリーズが大ヒットとなり、コミカライズ(B’s‐LOG COMICS)刊行、TVアニメ化も行われる。ほか、代表作に「浅草鬼嫁日記」シリーズ(富士見L文庫)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

122
雪と氷の大地広がる北の地を訪れた葵達は、北の地の八葉・キヨと彼の元に嫁いだ天神屋元仲居の化け狸の春日と再会する。大旦那様救出の手助けを請う葵達は、条件として衰退が続く北の地を救う新たな名物料理の開発を行う事になるが、春日を大切にしながらもどこか距離を置いているキヨの事が気懸かりで…。北の地名産の乳製品を使い、土鍋チーズフォンデュや升ティラミスやアイス苺大福等、今回も料理に夢中な葵や里帰りの郷愁よりも葵のご飯優先なお涼が良かった。互いを想い合うキヨと春日の愛情も素晴らしく、雪ん子のきりたんぽ鍋も食べてみたい2018/08/19

すがはら

89
大旦那様のため、味方を求めて北国へ向かう葵たち。敵の包囲網はどこまでか?妨害工作は?とドキドキしながら読み始めれば、葵のすることはどこへ行ってもどんな状況下でも変わらずでした。ブレず揺らがず、皆の必要とするお料理を作り出す葵は頼もしくて格好良い。銀次さん以外にも惚れてしまう人が出そうな勢い。やっと大旦那様も動き出すようで、次が待ち遠しい。2018/05/03

た〜

87
今回の主役は狸娘。真っ直ぐで健気で可愛い。一方の料理バカは、やっていることは結局いつもの通りなのに物語はどんどん進んでいく2018/04/13

かんけー

73
良いですねぇ~(*^^*)こう言う展開大好物♪(^.^)!最初から最後迄?嬉し涙と苦笑(^_^;)のww連続( ^ω^ )何を書いてもネタばれしそうで(^_^;)でもこれだけは言わせて(笑)葵も銀次さんもお涼も乱丸もその他大勢♪春日とキヨ様の想いに触れ、適材適所♪な大活躍(^_^)v相変わらず葵の料理シーンはゴクリwだし。葵の大旦那への想いと銀次さんの葵の秘めた想いとか、チョッと切ない(-_-)ラストの黄金童子と大旦那の会話にホッコリ♪何と!?アニメ2クールとか♪嬉しいですねぇ~♪v(*'-^*)^☆→2018/04/14

ネムコ

72
読みたかった続きなので一気飲み、もとい一気読み。国を一つ立て直すって生半可じゃないよね。春日もお涼様も健気で胸キュンでした。次はようやく大旦那様が動き出すらしいし、半年後が今から楽しみv2018/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12718868
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。