富士見ファンタジア文庫<br> デート・ア・ライブ〈18〉澪ゲームオーバー

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
デート・ア・ライブ〈18〉澪ゲームオーバー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 23時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040725659
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

さあ――終わりの始まりの戦争(デート)を始めよう「……久しぶり。ようやく会えたね――シン」ついに姿を現した始原の精霊。彼女を止めるべく、精霊たちは戦いを挑むのだが、圧倒的な力によってひとり、またひとりと倒れていき……。士道自身も元凶と対峙する!

橘 公司[タチバナ コウシ]
著・文・その他

つなこ[ツナコ]
イラスト

内容説明

「ねえ…今度こそ、ずっと一緒だよ、シン」五河士道の前に、ついに姿を現した始原の精霊―祟宮澪。人類史における最大最悪の災厄。最強の精霊を止めるべく、十香たちは、戦いを挑むのだが…。澪の圧倒的な力によって、ひとり、またひとりと倒されていき…。絶望が戦場を支配する中、士道もまた精霊を巡る争いの元凶、ウェストコットと対峙する。ぶつかり合う純粋な想い。交錯する過去と未来。微かな希望を掴むため、終わりの始まりの戦争を始めましょう。

著者等紹介

橘公司[タチバナコウシ]
第20回ファンタジア長編小説大賞準入選作『蒼穹のカルマ』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

36
士道の前に姿を現した始原の精霊・祟宮澪。澪の圧倒的な力によって絶望が戦場を支配する中、士道もまた精霊を巡る争いの元凶・ウェストコットと対峙する第十八弾。登場した澪によって明かされるシンへの真っ直ぐな想いと、挿入される甘く切ないエピソード。澪が全てを理解した上でもたらす絶望的な展開と、垣間見えるそれぞれの想いには言葉もなかったですが、そこから密かに積み重ねられていた伏線が士道の活路へと繋がってゆく見事な流れにはぐっと来ました。いかにもこの物語らしいクライマックスにどう決着をつけるのか、続巻に期待しています。2018/03/21

ばたやん@かみがた

30
前々巻、狂三がメイン張った辺りから身を入れて読んでいないので置いてきぼり気味。所々挿まれる断章は平行世界なのか、過去なのか。断章での真那と現在の彼女との繋がりは。終局間近なのが澪のチートぶりからも伝わってくる。思えば震災の年から7年、きれいに着地して頂きたい。2018/08/06

わたー

23
★★★★★面白かった。遂にその姿を現した原初の精霊、澪。彼女の圧倒的なまでの能力の前に次々と命を散らせていく仲間たち。これまで順調に仲を育んできただけに、彼女たちが為すすべなくやられていく姿は胸にくるものがあった。しかし、起死回生の手段からのたったひとつの冴えたやり方にはシビれた。今回がバトルメインだから影が薄かったが、この物語の本質はこれだなと。すべての元凶を前に、士道がどんな戦争をするのか期待して待とうと思う。時系列が追い付いたし、さすがにこの後アンコールは入らない…はず。2018/03/20

ツバサ

17
終わりに向かって、始まり出したな。あと、数巻で締めかな。狂三の力は都合良すぎなんだよなぁ笑 2018/03/23

ぺぱごじら

15
敵味方とも、あれだけ楽しい日常を見せられて、この巻はなかなか読んでいてキツいものがある。バタバタと為す術なく倒されてい精霊達の中、彼女だけが特別だった理由がなるほど納得。やはりこの物語の解決策はコレじゃなくちゃあと思います。ただ作者本当にあの娘が好きなんだな。2018-512018/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12688994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。