富士見ファンタジア文庫<br> 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない〈5〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない〈5〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月21日 08時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040725574
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ヒロイン描写の弱さを指摘された俺。そんな俺に涼花が提案する打開策は理想の女の子像を見つけることで……「お兄ちゃんのラノベのヒロインにしてください」って言うけど何するつもり――あれ、まさかお前涼花か!?

内容説明

「わ、私をお兄ちゃんのラノベのヒロインにしてください!」ヒロインを可愛く書けずラノベ新人賞で落選した俺に、涼花が提案する解決策は理想のヒロイン探し。確かに自分好みのヒロインなら魅力的に描けるかも―って、お前がキャラになりきって再現するの!?いくらなんでもその巨乳は盛りすぎだから!そして涼花のキャラチェンジはクリスマス旅行でも続き、スキーや温泉での取材に舞台を変えて…「お仕置きしないといけませんね」小悪魔涼花や「いっぱい甘えていいんですよ?」ダダ甘涼花のアプローチは、ブレーキ故障の大暴走!?恥ずかしさでオーバーヒートするまでやるなよなお前!

著者等紹介

恵比須清司[エビスセイジ]
第26回ファンタジア大賞で金賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むっきゅー

14
最終選考で落選したお兄ちゃんの作品。ヒロインがあまり可愛くないのが理由だった。そこで、凉花が色んな属性のヒロインを演じて、ラノベのキャラ作りを手伝う話。今巻は、スキーに温泉、クリスマス、凉花の誕生日と定番イベを駆け抜けるのだが、いつも以上に妹萌えに振り切った内容なので、ワンパターンな感じがしました。ただ、次巻では凉花が同じ高校に進学しそうなので、舞台が学園に変われば面白いかも。凉花と舞ちゃんとのラブコメ展開、期待してます。あと、お兄ちゃんもデビューして、ややこしい展開になってほしい。2018/01/04

彼方

13
新人賞の最終選考にヒロインの魅力が欠けるとの理由で惜しくも落選した祐、理想のヒロイン像を見つけるべく涼花が手伝いを申し出る第5巻。もう毎回何でもきっかけにしてイチャつく理由を探しだす涼花のバイタリティが凄いな…色んな属性になったり楽しそうで可愛らしい。神坂姉妹も入れてスキーにクリスマス会と遊ぶ中、ついに祐の嫌われてるとの誤解が解ける展開に、ようやく…ようやくか…。ヒロインたちの好意は永遠野誓のもの、と思っていて代理人バレがより楽しみになってきたりと、イチャつきながらも土台が整ってきた感じで次巻も期待です。2020/04/23

るか

9
最終選考で受賞を逃した祐はヒロインの魅力がないと指摘され普段とは逆の立場で取材をする祐。相変わらず駄々洩れな涼花の本音を見事にスルーする祐は凄い。今回はクリスマスがメインと時期的にもぴったりで涼花の暴走も含めサブヒロイン達も好意を隠しもせず争奪戦状態でカオスっぷりが面白かったです。理想のヒロイン像についてはなんとなくそうなりそうな予感がしていたので納得です。それにしても兄妹2人ともその兄妹モチーフで小説書いてるってシスコンブラコンの極みですね……応募の行方や受験の問題等次々とイベントが起こり次巻も楽しみ。2017/12/24

ツバサ

9
もう涼花ルートに絞られたか。ここまで行っといて、他のヒロイン行ったら酷いどころじゃねーからな。2017/12/24

真白優樹

9
ヒロイン描写の弱さで最終選考で落とされる中、涼花が祐に協力を申し出る今巻。―――見出す形、それは誰の現身? 涼花のキャラ変更が聖夜に炸裂する今巻。祐の理想を見出す為、時に周りの意見に振り回されながら暴走するその姿、まさに甘々であり頬の緩みが抑えきれなくなる。そんな中、祐の中に既にあった理想の形。自覚したその形、それは2人の距離が縮まる証か。変わらぬように見えて鈍足でも進んでいく2人、年も明け受験も近づく中、涼花の突然の宣言は新たな季節に何を齎すのか。そして応募した作品の行方とは。 次巻も楽しみである。2017/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12451984

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。