カドカワBOOKS<br> 男装令嬢とドM執事の無謀なる帝国攻略

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

カドカワBOOKS
男装令嬢とドM執事の無謀なる帝国攻略

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月17日 03時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040724447
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

没落令嬢は変態執事と共に、帝国に復讐をはじめることにしました。お家再興を目指す、女にしては少々逞しいアレクシアの前に現れたのは――「あなたの執事でございます。さあ、存分にお蹴りください! そして男装してください!」ドMな執事の力と兄の名を借り、いざ帝国攻略!!

一石月下[イチイシゲッカ]
著・文・その他

カズアキ[カズアキ]
イラスト

内容説明

アレクシア・ローゼンバーグは行き倒れかけていた。名誉ある家柄でありながら、反逆者の汚名を着せられ八年。お家再興を目指すも協力者は皆無で、諦めかけたその時―。「あなたの執事、レナス・エーベルハルトでございます。さあ、どうぞ存分にお蹴りください!」変な奴が現れた。ドMな執事は、再興を目指すなら男として生きるべしと言う。「お前の趣味では?」と思わなくもないが…。変態執事の力と兄の名を借り、いざ帝国攻略!!

著者等紹介

一石月下[イチイシゲッカ]
第26回冬期ファンタジア大賞で銀賞を受賞、『女装王子の深遠にして優雅なたくらみ』(富士見L文庫)でデビュー。富士見L文庫で少女小説っぽいキャラ文芸を書いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

虚と紅羽

12
ん~ん、いまいち。思ってたんと違う感。 全員ヤバイ奴ってのはなかなか斬新な気がしないでもない。一番ヤバイのはレナスですが。 ドM…?となるところがちらほら。ザ・ドMみたいなシーンが多いけど、無理に話に食い込ませてるようにしか見えない。いらなくないか? ドM設定。 個人的には主従二人よりもエスティとイーザーが好きです、はい。2019/02/20

RINGOoisiiiiiii

5
お家復興を目指すも全く成果がでなく死にかけた時に助けに来たのは執事と名乗る変態だった。復興するにはまず男装しろと言われて…。男装をし兄の名を名乗りならがら復興を目指すヒロインと知恵を貸し手助けするド変態ヒーロー。次に手柄をたてたら地位をやるよって話で…終わったから消化不良。ヒーローがそこまでヒロインに心酔するのもよくわからんから、色々と中途半端。キャラや会話は楽しかったので惜しい。完全に続きありの終わりだもんなー。2019/07/31

莉芳

5
設定は重いけれど隙あらばご褒美を強請るドM執事のおかげで読みずらさは無かったです。胡散臭さ全開のレナス、結構好きでした(笑)。アレクもさっぱりした性格で格好よかった。まだまだ始まったばかりという雰囲気なので続きが気になります。2018/03/30

依音@いおん

4
アレクはある分野で鈍感なのねぇ。鈍感というか、そういう感情・考えを育てる機会がなかったからなのか…いや、鈍感なだけな気もする(*˘˘*)wそして変態さんの執着には、何が隠れているのかしら…?2017/11/23

4
テンポよく、時折どころかだいぶ笑わせて頂きました。 今後の影ながらの支援者のちらつきのような交流に、一筋縄ではいかなそうな人物たち。執事は実は……?と探る想像の余地。 面白かったです、是非ともシリーズかもしくは次巻での一旦閉幕を願います!2017/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12200080
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。