富士見L文庫 薔薇十字叢書<br> 風蜘蛛の棘―薔薇十字叢書

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫 薔薇十字叢書
風蜘蛛の棘―薔薇十字叢書

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月08日 12時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040722504
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

京極夏彦公認「薔薇十字叢書」 誰よりも美しく醜い、私の薔薇――戦時中ラジオで暗躍した女性「東京ローズ」。元GHQ職員から探偵・榎木津に依頼された東京ローズ捜しはやがてバラバラ殺人と交錯。手がかりは声。人の記憶を視る榎木津の目が届かない薔薇の潜みに存するのは誰か?

佐々木 禎子[ササキ テイコ]
北海道札幌市出身。1992年、雑誌『JUNE』にてデビュー。女性向けジャンルで活躍した後、『鬼石』『くくり石』(ハルキ・ホラー文庫)で一般小説デビュー。近刊に『ばんぱいやのパフェ屋さん』(ポプラ文庫ピュアフル)、『ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々』『薔薇十字叢書 桟敷童の誕』(ともに富士見L文庫)などがある。

THORES柴本[トーレスシバモト]

京極 夏彦[キョウゴク ナツヒコ]

内容説明

「東京ローズを捜して欲しい」東京ローズ=日本軍が連合国側向けに行った反戦放送のアナウンサーの愛称。名探偵・榎木津が元GHQ職員から依頼されたのは、声を頼りに女性を辿る「声」捜しだった。捜査はやがて刑事・木場らが追うバラバラ殺人と交錯。さらに“薔薇屋敷の人喰い蜘蛛から逃げてきた”と話す少女が保護されて―。「風蜘蛛に囁かれた者はみんな自死してしまうんだ」小説家・関口が自著に生み出した妖怪『風蜘蛛』が、捜査を幻惑する。風にたゆたう薔薇のひそみに存するのは誰か。薔薇十字叢書待望の第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bugsy Malone

80
『風蜘蛛』は...「風にたゆたい、耳元で囁き、人を惑わし、風となって...」それは関口巽が創作した妖怪。京極堂は云う、妖怪は「日々生まれては消えていくもの...人間社会の装置でもある」と。そう捉えるならば、ネットという蜘蛛の糸が張り巡らされた今の世には、この風蜘蛛は跋扈しているのだろう。著者のシリーズ2作目の本作、一行目から震えてしまう。記憶が甦るのだ、絡新婦が陰摩羅鬼が。もっと読んでいたい。最早紛い物では無いこの世界に浸っていたい。現代の世に新たな妖怪を産み出してしまった著者に喝采です。2017/10/27

カナン

45
「薔薇十字叢書」で、最も本家の空気を壊さず軽やかに仕上げるのがこの作者ではなかろうか。本家の絡新婦の後と思われる初夏の湿度の中で弾けた、匂い立つGHQの名残。連合国向けのラジオ番組で「東京ローズ」と呼ばれた謎めいた蠱惑的な声の女の行方。時代の波に呑まれ消された「もく星号」の墜落事故。犬が咥える子供の腕。泣き濡れる黒い眼の娘。紅白の薔薇の海で、榎木津に黒薔薇と呼ばれた禁欲的な一人の美男。憑き物落としが落とさないことで新たに展開していく新たなストーリー。急ぎ足なのが非常に惜しい。正にバラバラの薔薇で、蜘蛛だ。2019/03/03

Yuna Ioki☆

38
1613-44-44 シリーズ作品フェス№11 やはり本家よりコンパクト感は否めない。榎さんのはちゃめちゃ度が低いのは不満。早く本編の続きが読みたい。2017/05/26

つたもみじ

35
薔薇十字叢書。著者さん二作目。前作「桟敷童の誕」同様、今回もオーソドックスなパスティーシュ。戦時中、日本軍が行っていた連合国向けのプロパガンダ放送ラジオのアナウンサー、愛称を「東京ローズ」。元GHQ職員から、探偵・榎木津に「東京ローズを探してほしい」という依頼が来るが、手掛かりは声。見る事しかできない榎木津と探偵助手・益田。捜査はやがて、薔薇屋敷の人喰い蜘蛛から逃げてきたという少女の保護、刑事・木場が追うバラバラ殺人とも絡んでいく。原作の雰囲気もあり良かったです。個人的には前作の方が好みでしたけど…。2017/06/26

瀧ながれ

32
本家シリーズが、「妖怪はこのように生まれてくるのだよ」と告げる作品なら、こちらの物語は、「よく見てごらん、妖怪などここにはいなかった」とほどく巻なのかなあと、読みながら思いました。あのときに見えたものを再び探そうとしても、ただしく同じものを捕まえられるとは限らない。おんなのようなおとこだったり、まがいもののダイヤモンドだったり、やさしさのような罪だったり…。たぶん、陰陽師など出てこなくてもすんだ事件のはずなんだけど、探偵や探偵助手が関わっちゃったからなあ(苦笑)。「東京ローズ」の存在がロマンチック。2017/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11623666

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。