富士見L文庫<br> 幽遊菓庵-春寿堂の怪奇帳 四季徒然

電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
幽遊菓庵-春寿堂の怪奇帳 四季徒然

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040720586
  • NDC分類 913.6

内容説明

あやかしが訪れる和菓子屋さん『春寿堂』で、名月が玉藻と怪奇事件に振り回されている、その頃。移りゆく季節の間に、4つの小さな“ご縁”が結ばれていた。春の化身・春風挽歌が求めるものは献菓か、それとも―。幼稚園の夏祭り餅つき大会で、犬飼一が出会った問題児とは?暮れゆく秋に窓の外を見つめる令嬢と、柿の木の精霊の願い。名月が挑む製菓衛生師試験は、まさかの冬山登山の試練!?桜羊羮、よもぎ餅、柿菓子に雪兎饅頭。四季折々の和菓子作りと、あやかし語りをご笑味ください。

著者紹介

真鍋卓[マナベスグル]
第2回ネクストファンタジア大賞銀賞を受賞し、マナベスグル名義でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

和菓子とあやかしの春夏秋冬。4つのほっこり物語を詰め合わせ。あやかしが訪れる和菓子屋さん『春寿堂』の何気ない日常を抄録。名月や玉藻、あずきが結ぶ、小さな“ご縁”の行く末は? 桜羊羹、草餅、柿菓子、雪饅頭――四季折々の和菓子作りと、あやかし語りをご賞味ください。

真鍋 卓[マナベ スグル]
第2回ネクストファンタジア大賞銀賞を受賞し、マナベスグル名義でデビュー。主な著書に『ダウトコール』(富士見書房)など。実家は和菓子屋を営む。

二星天[ニボシテン]