富士見L文庫<br> 幽遊菓庵-春寿堂の怪奇帳 四季徒然

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
幽遊菓庵-春寿堂の怪奇帳 四季徒然

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040720586
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

和菓子とあやかしの春夏秋冬。4つのほっこり物語を詰め合わせ。あやかしが訪れる和菓子屋さん『春寿堂』の何気ない日常を抄録。名月や玉藻、あずきが結ぶ、小さな“ご縁”の行く末は? 桜羊羹、草餅、柿菓子、雪饅頭――四季折々の和菓子作りと、あやかし語りをご賞味ください。

真鍋 卓[マナベ スグル]
第2回ネクストファンタジア大賞銀賞を受賞し、マナベスグル名義でデビュー。主な著書に『ダウトコール』(富士見書房)など。実家は和菓子屋を営む。

二星天[ニボシテン]

内容説明

あやかしが訪れる和菓子屋さん『春寿堂』で、名月が玉藻と怪奇事件に振り回されている、その頃。移りゆく季節の間に、4つの小さな“ご縁”が結ばれていた。春の化身・春風挽歌が求めるものは献菓か、それとも―。幼稚園の夏祭り餅つき大会で、犬飼一が出会った問題児とは?暮れゆく秋に窓の外を見つめる令嬢と、柿の木の精霊の願い。名月が挑む製菓衛生師試験は、まさかの冬山登山の試練!?桜羊羮、よもぎ餅、柿菓子に雪兎饅頭。四季折々の和菓子作りと、あやかし語りをご笑味ください。

著者等紹介

真鍋卓[マナベスグル]
第2回ネクストファンタジア大賞銀賞を受賞し、マナベスグル名義でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

24
あずきさんイチオシのあたしには、本編よか面白かったぁ♪あずきさんは、省エネタイプの式神だったような。2018/02/28

よっしー

23
これが本当の最終巻。まさかのあずきが主人公となって話が進みましたが…こうしてみるとただの役立たず(失礼ですが)では無かったのですね。甘えられる環境だからこそ、無知な振りをしていた?あずき、知らないけど。という言葉の裏では色々考えていたのかも知れませんね(笑 名月は文句を言いつつも玉藻と共にお菓子作りをしながら、また新たな縁を結んでいくのでしょうね。楽しいシリーズでした。2021/12/21

ううち

13
最終巻を飛ばして読んでしまった。名月くんを取り囲む人(?)たち目線の外伝。あずきが活躍する柿の木の精の話がお気に入り。2017/05/28

すみの

12
番外編。あずきメインになる話。大団円になるように、あずきも一応考えていたのだとわかり、さすが式神。2017/06/13

マカ

9
シリーズ外伝。あずきがメインの話でおまけに大活躍。中でも令嬢と柿の木の精霊の話が良かった。梅園さんとあずきの組み合わせもなんか新鮮だったな。これでこのシリーズともお別れとはなんとも寂しい。2021/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11164765

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。