富士見ファンタジア文庫<br> いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)〈3〉魔眼の王と神冥裁判

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)〈3〉魔眼の王と神冥裁判

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 331p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040708928
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

不死身のレガリア攻略法は? 冥府の闇がいま舞い降りる!!

行方不明だった姫子が登校してきた。身体をスサノオに奪われたまま。そして、つかの間の安息日、皆とレジャープールに訪れた雷火は、オシリスに「配下となれ」と誘惑される――不滅の冥王を打ち破る術はあるのか?

【著者紹介】
HASH(0x3d10d58)

内容説明

七つの神話の力を手にした生徒たちによる神話代理戦争―放課後、孤島の学園で、異端の少年は神々への復讐を誓う―。日曜日、雷火たちは島内のレジャープールへ!いつもより積極的なシャロ、そして彼女に対抗するようにはしゃぐ、天華、涙々、マリア―しかし、安息の時はつかの間に過ぎない―。行方不明だった姫子が戻ってきた。甲斐甲斐しく妹の世話をする姉の撫子だが、その身体はスサノオに奪われたまま―。さらに、島全域を『死』で覆い尽くすオシリスの術式発動まであと十日。雷火は不死身の力の正体を暴くため島中を駆ける!!不滅の冥王を討ち滅ぼす術はあるのか?―神冥裁判開廷!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナカショー

21
対オシリス決着&水着回。イラストの肌色率が凄まじいですありがとうございます。ブリュンヒルデがすごく可愛いけど、第一前提の時点で多分報われないからツライ。次巻も楽しみ。2016/05/18

ツバサ

15
ブリュンヒルデが可愛すぎて辛い、だけど報われない。今巻でオシリスを倒せたけどオシリスが強すぎたから、これから出てくる敵の強さがどれぐらいか心配だな。あとがきは遊び過ぎ。2016/04/27

サエズリ割津

15
学園島を舞台にした神話代理戦争第3弾。今回はエジプト神話の冥界の神であるオシリスとのバトルとヒロインズの水着サービス回でした。巻を追うごとにバトルでもコメディでも雷火とバロールのコンビが良くなってきた。またシャルロッテとブリュンヒルデもいいコンビになったし、人と憑依した神の関係が進展していて、ゼウスと天華の関係でも重要になってきそう。あまり構ってもらえないマリアとあざとい涙々にもラブコメ的な見せ場がきちんとあってよかった。新たに支配した神と協力関係であったレオンの変調が今後どう物語に関わってくるかに期待。2016/04/21

真白優樹

12
島を巻き込んだ魔術が発動する中、冥界の神との決着がつく今巻。―――不死の神の謎を解け。前半は大型レジャー施設でのヒロイン達の争いも含む平和な日常、後半は不死の神との決戦。そして不死の謎を先輩の一言から解いてみせ未来永劫続く死へと冥界の神を叩き落とす。うん、今巻も変わらず素晴らしい。後半が一気に加速し次の展開への布石を打つ中でこの戦いの終わった後の展開が仄めかされる。いつになったら戦いは終わるのか。新たな神を隷属させた次に待つのは武神との戦いか。新たな手札を増やした雷火はどう出るか。 次巻も楽しみである。2016/04/20

藤崎

11
VSオシリス決着編+水着回なノリの第3巻。そんなわけでイラストも肌色マシマシというか、メイルシュトルムサンドな挿絵とか、密着加減に各々のらしさがよく表れてて、ちゃんとわかってる感じで好印象。後、バロールが遊びに行くのを渋る雷火を説得するために戦いの効率を引き合いに出すあたり操作法を心得て来てて吹いた。でもネタばらしは当日水着を前にしてでもよかったと思います・・・まぁ、もはや撤回できないタイミングではありましたけど。そう考えるとつくづくわかってきてるなぁと。ともあれ、ラストで急展開入った所で、次回も期待です2016/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10772493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。