富士見ファンタジア文庫<br> スカイ・ワールド〈9〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
スカイ・ワールド〈9〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040704241
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

スカイワールド―それは魔法と科学技術が同居する世界で、無数に浮かぶ島から島へと飛空挺で旅をするオンラインRPG。眠り姫になったサクヤを復活させるため、これまで以上にクエストを優先し始めたジュン。攻略を急ぐあまり、いきすぎた指示を飛ばしていくのだが―結局ほとんどがついていけず、不満を吐く者、指示通りに動いて倒れる者が続出し…。そんな中、突如旧友のアミリィが現れる。スカイワールドに入って間もない頃のジュンを知る彼女は、彼をたたき直すため、とある行動を起こして―!?碧眼の友が新たに導く、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

著者等紹介

瀬尾つかさ[セオツカサ]
第十七回富士見ファンタジア長編小説大賞審査員賞受賞。『琥珀の心臓』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめありす@灯れ松明の火

49
もう小学生が大店の店主でも軍師でもラスボスでも、この本に限っては何も文句を言わないよー。もしかして、切羽詰まっていることも自分自身が歪になっていることも(ハーレムを着々と築いていることも勿論)自覚しているジュンさんは結構主人公としてレベルが高いんじゃないのかしらと思う9冊目。今回は彼らの「はじまりの日」の物語。『心配をさせてくれ』とか、カスミとか時々台詞とかシーンとか好きなのがあるのだけれど、それを全て塗りつぶしてしまう肌色率をちょっとどうにかして欲しかったり。結構読んでる途中恥ずかしかったりするんです。2015/04/25

よっち

34
倒れたまま二ヶ月も目を覚まさないサクヤを復活させるため焦燥するジュンは攻略に邁進、微妙な雰囲気になり始めた覇者の御旗。そんな中でほぼ丸々1冊をエピソードに使って新ヒロイン・アミリィが登場しましたね。サクヤ不在で既存メンバーではジュンを止められない、急激に拡大するギルドでリーダー格の不足と、状況解決のためにフォローする人材の登場は必然だったように感じました。ジュンへの想いはあっても立ち位置が少し違う彼女の登場で身軽になったジュンが、最初のメンバーたちと一緒に向かった先で本来のらしさを取り戻せるといいですね。2014/12/20

まりも

25
サクヤ復活の為に強引な攻略をするようになったジュン、周りはそんな彼を心配しギルドも不安定になってしまう。表紙のキャラ誰かと思ったら新キャラだったのか。ジュンハーレムがドンドン拡大してきてるけど新キャラアミリィは性格的にはエリの上位互換、職業的にはカスミと被るタンクと彼女が本格参入したら賑やかな事になりそうです。ハーレムが拡大されても動じないカスミの正妻力はハーレムモノ作品のメインヒロインとしては立派ですね。初期メンバーだけで攻略するクエストで何が起こるのか次巻も期待。2014/12/23

わたー

18
★★★★★前回のエグい終わり方から表紙の女の子誰だ。で始まった今回。ドラマガ短編+本編という形式ではあったが、面白かった。ジュンがまだかすみたちと出逢う前の、いわば始まりの物語を描いており、ここで新ヒロイン追加するんだと驚いた。やはりジュンは嬉々としてクエストを回している姿が一番いい。そして、周りの人たちがそんなジュンに振り回されながらも、楽しくこのゲームを攻略していく話が一番面白いなと再確認した。ようやく再起動したジュンが新たな展開に対し、どう乗り越えていくのか非常に楽しみだ。2014/12/22

東西

15
皆に鬼畜弱ばりされるジュンw まさか最初の島でそんなトラブルに巻き込まれてたとはね さて、いつものメンバーでクエストになったと思ったら、さっそく暗雲が立ち込めてきましたね… カリムの仕業か…? 次巻が楽しみ2014/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9036093

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。