富士見ファンタジア文庫<br> 空戦魔導士候補生の教官〈5〉

電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
空戦魔導士候補生の教官〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040703831
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

“魔甲蟲”という脅威によって地上を奪われ、天空の浮遊都市に人類が住まう世界。人類は魔力をもっと“魔甲蟲”に対抗するウィザード―空戦魔導士を生み出していた。“ベベル”で数年ぶりに空戦武踏祭が開催されることになった。“ミストガン”でも代表小隊を決める学内選抜戦を行うことになり、無謀にも出場を決めるE601小隊。しかし、格上の小隊にまったく歯が立たず…。そんなミソラたちに、学内最強空士・クロエが教官補佐を名乗り出る。クロエの真意は?そして、学園に留まるエリスの狙いとは―?裏切り者と落ちこぼれ少女たちの学園バトルファンタジー!

著者等紹介

諸星悠[モロボシユウ]
第24回後期ファンタジア大賞、金賞受賞作『空戦魔導士候補生の教官』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

31
教皇都市ベベルで数年ぶりに空戦武踏祭が開催されることになり、ミストガン代表小隊を目指しE601小隊も学内選抜戦に出場することになる第五弾。格上の小隊を相手に苦しい戦いを強いられる状況でクロエが教官補佐を名乗り出るという展開でしたが、今回でようやく幼馴染としてのクロエも登場して来ましたね。自らの意志で出場を決めた小隊の面々も実はカナタをどうにかしたいという思いで動いていて、各々がひとつ壁を乗り越えることで、クロエにカナタを託すに足ると認めさせる成長を見せる描写は良かったです。次からはベベル編、楽しみですね。2015/08/15

ナカショー

23
ベベルで数年ぶりに空戦武踏祭が開催される事になり、その代表小隊を決める学内選抜戦にE601小隊が参戦するも、負け続きの小隊にクロエが教官補佐を、名乗り出る……な話。ついに少し一線を引いていたクロエが前に出てきましたね。幼馴染みはやっぱ最強です。カナタの秘密を確信したエリスが何やら不穏な動きをしているけど、次巻で明らかになるのかな?次巻も楽しみです。2015/09/14

リプトン

19
カナタがほどよい距離感でアドバイスをして、それをそれぞれが自分の中で悩み実践して頑張り、格上相手に堂々と完勝する。やはりこういう主人公が教官として助言し、教えられた方もそれに応えて成長するという展開が教官ものとして王道ながらも面白いなと実感しました。あと、今回は今まで出番の少なかったクロエが教官補佐をしつつ、幼馴染である自分がカナタを一番知っているというさり気ない理解度アピールと、寂滅姫と呼ばれる本当の実力も発揮し、ここぞとばかりに存在感を発揮してきましたね。次は怪しげなベベルでの話になりそうで楽しみ!2014/12/13

ツバサ

16
もうE601小隊は雑魚とは呼べないね。皆、カナタやクロエのアトバイスで強くなったね。遂にはAランク小隊に完勝するとはビックリ。この巻ではクロエが結構出番があってカナタを1番理解してるのはクロエだと思い晒された! クロエは大人の余裕でE601小隊をあしらってて流石。 ユーリちゃん頑張ってるんだけど空回りしてて可愛い、いつかカナタに伝わってほしい。次巻は空戦武踊祭の話かな?E601小隊の活躍を期待する。2014/12/11

晦夢

16
ベベルで空戦武踏祭が開催されることとなり、ミストガンの代表を決めるべくリーグ戦が行われることになる。連敗するミソラたちのもとにクロエが教官補佐として指導に当たることとなる。ミソラたちに足りない強かさを身につけるため遊びをさせることに。リコが本人の自称通りすごく優秀なんだよな、性格に難があって体力ないくらいで機転も利くしマジ女神。子供っぽい水着選んじゃうユーリが愛おしい。みんなそれぞれ成長しているな。リコに関しては性格面少しマシになったしw 次巻はベベルでの空戦武踏祭、楽しみ。2014/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8963046

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。