富士見ファンタジア文庫<br> 俺と彼女が下僕で奴隷で主従契約〈3〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
俺と彼女が下僕で奴隷で主従契約〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040702285
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

魔女騎士を育成する学園に、契約獣として召喚されてしまったハヤテ。「じゃあ、やるぞ」「―ベッドの上ではあなたがリードしてね」契約者のシェリーを最強の魔女騎士にするため、二人は下僕と奴隷の関係を結ぶ。ディアスペル王立学院―学院祭、エインヘルヤル祭が行われることに。最優秀賞の『ご褒美』を目指し、ハヤテたちのクラスは契約獣のコスプレをして喫茶店をすることになるのだが…。「俺もひと目惚れしちまうかもな」何気ないハヤテの一言をきっかけに、「いったいあのテーブルの下で何が行われていますの!?」女の子たちによる過激なサービス合戦が始まってしまい!?果たして勝者は?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤崎

9
表紙の買い辛さ絶好調な第3巻、今回は学園祭でハーレム主人公の迂闊な発言にてひと波乱なアリア回。しかしまさかラノベで光先輩の活躍を拝見することになろうとは・・・BD版の発売はいつですか?(こら)。そして相変わらずこの作品の定番イベントはテンプレ展開をテンプレ展開のまま嫌味にならないよう盛り込む気遣いが感じられていいですね。今回はバトルについても、ヒロインの心情と新技披露を絡めてカタルシス演出と、綺麗に展開してた印象。このあたりのバランスは非常に繊細だと思うので、今後も上手いこと発展してくれることに期待します2014/08/22

光一(ライト)

8
ド直球のシェリー回。シェリー一途で可愛いです。展開はテンプレ的でしたが良かったと思います。特にラストは、あれ最終巻?と思う感じでした。これからもっとオリジナリティーが出てくる予感がします(予告を見て)します!次巻にも期待してます。2014/09/30

umibooooo

7
相変わらず読んでてにやにやしてしまう展開がやたら多い巻。いつになったらニヤニヤ円盤を見れるのか期待してお待ちしております2014/09/09

ご主人様見習い

6
今まで主人公が激強だったのに女の子も魔法の出力が上がったみたいで強くなって一気に最強クラスになったのかな? 3巻目で神様クラスと戦ってたし。 次は、各キャラクターの恋愛かな。ハーレムになっていくのか、個別エンドになるのか気になる。 サービスシーンは、えっちくなかった。2014/09/22

彼方

5
アリアの従姉妹にして大陸屈指の魔獣学者・リンネの接触、そして学院祭の裏で進行する陰謀とは…な第3巻。ハヤテの力が一段と上がり、実力差の苦悩に押し潰されそうなシェリーと過去の後悔に直面するアリア。学院祭のドタバタで鈍感な一言は気になったものの、様々な因縁や力の源…また真の敵が垣間見えるようなラストバトルが吹っ切れる思いに繋がっていて、気持ちのいい結末でしたね…。気楽な女友達ポジションな子の淡い恋心もテンション上がったり、大会優勝より既に規模がとんでもないですが…二人の戦いはどこまでいくのか。次巻も期待です。2021/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8222672

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。