MF文庫J<br> なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?〈4〉神罰の獣

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

MF文庫J
なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?〈4〉神罰の獣

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月09日 21時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040699554
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

真実への展開が待つ――「その先」が最も気になるファンタジー、第4弾!英雄シドの剣と武技を継承し「真の世界を取り戻す」決意をした少年カイ。聖霊族の英雄・六元鏡光(リクゲンキョウコ)との共闘で謎の怪物・切除器官(ラスタライザ)を撃破。こうして世界輪廻を招いた元凶は、最後の四英雄・幻獣族のラースイーエに絞られた。一方で、順調すぎる世界の解放に戸惑いを覚えながらも、ジャンヌは幻獣族の支配するシュルツ連邦への進出を決意する。切除器官を従えて暗躍を続けるラースイーエ、存在が明かされた二人の“シド”――「この世界の秘密を知る者たち」とカイたちが邂逅を果たすとき、五種族大戦の影に潜んでいた「真の支配者」が目を覚ます――「その先」が最も気になるファンタジー超大作、第4弾!

細音 啓[サザネ ケイ]
著・文・その他

neco[ネコ]
イラスト

内容説明

英雄シドの剣と武技を継承し「真の世界を取り戻す」決意をした少年カイ。聖霊族の英雄・六元鏡光との共闘で謎の怪物・切除器官を撃破。こうして世界輪廻を招いた元凶は、最後の四英雄・幻獣族のラースイーエに絞られた。一方で、順調すぎる世界の解放に戸惑いを覚えながらも、ジャンヌは幻獣族の支配するシュルツ連邦への進出を決意する。切除器官を従えて暗躍を続けるラースイーエ、存在が明かされた二人の“シド”―「この世界の秘密を知る者たち」とカイたちが邂逅を果たすとき、五種族大戦の影に潜んでいた「真の支配者」が目を覚ます―

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
六元鏡光との共闘で切除器官を撃破して、世界輪廻を招いた元凶は幻獣族のラースイーエに絞られ、ジャンヌたちは連合軍で幻獣族の支配するシュルツ連邦への進出を決意する第四弾。カイたちが関わったことで多種族との連携も出てきて、最後に幻獣族ラースイーエとの対決という形になったのかと思いきや、ラースイーエによって語る世界の秘密と新展開がもたらされたことで、3人のシドと預言神の存在も絡めてこの世界の構図もまた大きく変わりそうですね。それぞれ持ち味が違うヒロインたちとカイの絡みもいいアクセントになっていて続巻に期待です。 2018/07/23

まりも

30
ラースイーエの目的、そして真の支配者の存在が明らかになるシリーズ第四弾。世界の謎が明らかになると同時に更なる謎がカイ達の目の前に降りかかる。今回も細音節全開の王道にして怒涛の展開となっており、大変読み応えがあった。ハラハラドキドキ、そして時々ほっこり。この安定感本当好きだな。2人のシド、新たに現れた新種族、そして更なる新展開。謎が明らかになればなるほど物語が加速していく様に興奮しっぱなしでした。果たしてここから物語はどうなっていくのか。この先の展開も目が離せないことになりそうだ。2018/06/28

むっきゅー

28
謎が謎を呼ぶ展開。ミステリー要素を含む長編ファンタジーでしょうか。各巻に張り巡らされた伏線が丁寧に回収されており、当初のプロット通りに物語が進行しているのであれば、もう一度最初から読むべきか...。とにかく先が気になるし、自分でも色々と考察したくなる作品です。2018/07/03

レリナ

18
どんどんスケールが大きくなってきた。黒幕かと思われていたラースイーエ以外に真の黒幕がいた。今回かなり話が進み、6番目の種族機鋼種が登場。ますます話が面白くなってきた。ラースイーエが語った世界輪廻の黒幕。シドの名を冠した二人も話にこれから本格的に絡んできそうなので、楽しみ。今まで各種族の英雄を倒すことが目的になっていたが、それどころではない事態になってきた。世界改変の動きは確実に今までとは違う流れを生み出しつつある。真の支配者が現れる時にまた戦いがうねりをあげて起こりそう。次巻に期待。2018/11/04

BUNBUN

14
シリーズ4作目。最後の英雄、ラースイーエが出てきて物語がさらに進みましたね。新しい展開もあり今回もかなり面白かったです。リンネとジャンヌの関係がさらに良くなってよかったです。謎がさらに増えてこの先の展開が全然よめないので、それが楽しみで早く続きが読みたいです。2018/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12889768
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。