MF文庫J<br> 精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)〈18〉帝都奪還

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

MF文庫J
精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)〈18〉帝都奪還

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月02日 19時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040699226
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔王カミト、学院に凱旋!? 大人気エレメンタル・ファンタジー第18弾!精霊イリスとの出会いによって千年前の真実を知ったカミト。<聖国>の刺客ルーリエを激闘の末に倒すも、彼女が命と引き換えに使用した<霊爆>により、<魔王の墳墓>は崩壊してしまう。爆破に巻き込まれたカミトを救ったのは、魔王都市で出会った謎の商人サフィアーンだった。彼は自身の正体を明かし、魔王の棺に眠る驚くべき秘密を語る。「彼女が目覚めたようだ――」遂にカミトたちの前に姿を現した真の敵。学院に迫る脅威。そして、オルデシア帝国に戦火の炎が燃え広がる――!大人気エレメンタル・ファンタジー、世界の核心に触れる第18弾!

志瑞祐[シミズユウ]
著・文・その他

〆鯖 コハダ[シメサバ コハダ]
イラスト

桜はんぺん[サクラハンペン]
企画・原案

内容説明

精霊イリスとの出会いによって千年前の真実を知ったカミト。“聖国”の刺客ルーリエを激闘の末に倒すも、彼女が命と引き換えに使用した“霊爆”により、“魔王の墳墓”は崩壊してしまう。爆発に巻き込まれたカミトを救ったのは、魔王都市で出会った謎の商人サフィアーンだった。彼は自身の正体を明かし、魔王の棺に眠る驚くべき秘密を語る。「彼女が目覚めたようだ―」遂にカミトたちの前に姿を現した真の敵。学院に迫る脅威。そして、オルデシア帝国に戦火の炎が燃え広がる―!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

5
魔王の墳墓が崩壊し幾多の秘密が目を覚ます中、学院に脅威が迫る今巻。―――戦火は燃える、秘密は踊る。物語も終盤戦、強敵続きの連戦の中、隠されていた秘密の開示される今巻。明らかになる幾多の秘密、目覚める過去からの使者、そして滅すべき脅威の出現。果てしなく続く戦火の中、それぞれの譲れぬ思いを掲げ戦場に臨むカミト達。それぞれの力を見せつける少女達、師匠との共闘で最高の剣舞を見せつけるカミト。予断を許さぬ状況の続く中、再会した師匠が語る真実とは。いよいよ始まる最終局面、最後に残る者とは。 次巻も須らく期待である。2018/05/28

零崎夢織

3
魔王の墳墓編の完了と学院に迫る危機、な巻。 戦闘シーン多目なのが良いですね。2018/07/22

Abercrombie

3
○ 結局、聖女・聖王・天使はみんな悪いやつで、魔王はいい人だったってことだね〜( ̄∇ ̄) (大雑把…)。魔王の墳墓からの脱出し、学院都市の奪還へ。主人公チームみんな強くなったなあ。2018/07/18

ダイ

3
今回は魔王の墳墓からの脱出と後半は学院の奪還と守る為の戦いでしたが、物語もかなり佳境に入って来ましたね。しかし、魔王と聖女の関係は何となく予想出来ていましたが、聖女の復活は少し驚きました。また、結構引っ張っていた魔王教団の教主達の精神体は本当にあっさり処理されましたね。あと、魔王の残留思念から魔王の仮面を貰ったジオの役割もちょっと気になります。それと重傷で戦線離脱していたレオノーラの復帰や行方不明だったグレイワースの帰還など最終決戦への役者も揃った感じです。あと残り2冊で完結なので最後まで楽しみたいです。2018/05/29

416

3
シリーズ十八巻、魔王と聖女に関わる諸々が明らかとなった巻で遂に物語も佳境に突入といったところかと思います。聖女関連に関しては特に意外性はなく、どう攻略していくのかが気になるといった程度で、特筆すべきことはないかと思います。何気にジオが優遇されている気がしますが、何か役割でもあるのでしょうかね。しかし、イラストレータ変更の違和感が凄く、内容よりもそちらが気になってしまいました。何はともあれ刊行スピードが上がりそうではあるので、完結に向けた今後の展開に期待したいです。2018/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12814850

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。