MF文庫J<br> ※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040693422
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

この妹、可愛すぎるのでは!? 笑って泣けて心震える熱血創作妹ラブコメ!巳月紘には、こいつのためなら死んでもいいと思える愛しい妹――巳月唯々羽がいる。

朝、目が覚めたら二人で一緒にご飯を食べてそれぞれ仕事と学校に向かう。
どんなに残業地獄が続いていても、唯々羽が「おかえり」と言ってくれたり、笑顔を見せてくれるだけで救われ、早く帰れた夜にはその髪を梳いてやったりもする。
――――だが、そんな巳月兄妹には誰にも言えない秘密があった!

実は、唯々羽は(売れない)ラノベ作家で、紘はその担当編集だったのだ!

「このままだと、編集者さんが代わっちゃうかもしれないから。わたしはおにぃちゃんじゃなきゃ、やなの」

妹を売れっ子作家にするために、紘は今日も唯々羽を膝に乗せて執筆を手伝う。時には頭を撫でて褒めてやり、一緒のお風呂で癒やし癒やされたりも!?
それなのに、唯々羽が書くのは迷走したトンデモ小説ばかりで……!? 
全世界のお兄ちゃん必読! 笑って泣けて心震える、熱血創作妹ラブコメ!!

これは、物語を愛する全ての人へ贈る――いつか世界を変えるかもしれない兄妹の創作記録。

弥生志郎[ヤヨイシロウ]
著・文・その他

Hiten[ヒテン]
イラスト

内容説明

巳月紘には、こいつのためなら死んでもいいと思える妹・唯々羽がいる。朝は二人でご飯を食べて仕事と学校に向かう。どんな残業地獄でも、笑顔の唯々羽の「おかえり」の一言に救われ、早く帰れた夜にはその髪を梳いたりもする。―だが、巳月兄妹には誰にも言えない秘密があった。実は唯々羽は(売れない)ラノベ作家で、紘はその担当編集なのだ!「このままだと、編集者さんが代わっちゃうかもしれないから。わたしはおにぃちゃんじゃなきゃ、やなの」妹を売れっ子作家にするために、紘は今日も唯々羽を膝に乗せて執筆を手伝う。時には頭を撫でて褒めてやり、一緒のお風呂で癒やし癒やされたり。でも、唯々羽が書くのは迷走したトンデモ小説ばかりで…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

51
編集者の兄とライトノベル作家の妹。そんな二人の日常を描いた物語。いい意味で裏切られた。ライトノベルに情熱と魂を注ぎ、理想と現実と戦い続ける作家と編集者の姿を描いた心を揺さぶる強烈な1冊ですね。どれだけ素晴らしい作品でも売り上げが悪ければ打ち切られる。理想と現実に揺れながらも自分の納得のいく作品を作り、一人でも多くの人に手に取って貰う為全てを注ぎ込む。そんな紘と唯々羽の努力が実を結ぶラストは本当感動した。この作品も同じように多くの人に出会い、感じてもらいたい。そう思わずにはいられない1冊でした。2017/07/23

スズ

50
青春系の作品を得意とする売れないラノベ作家の唯々羽、そんな彼女の担当編集である兄の紘が、読者の心を震わせる作品を作り上げるために様々な人達に支えられながら、最高のラノベを完成させていく、作家と編集者の作品に懸ける情熱と苦悩が全力で曝け出されたガチなラノベ作家系の作品。自分が全身全霊で書きたい物語と売れる作品が決して=ではなかったり、作家の意思を尊重する編集と読者に全力で媚びて売れる作品だけを書かせる編集等、誰が担当編集になるかで作品の質や方向性が一変するんだと感じました。是非続きが読みたいと思う一冊でした2018/11/07

ツバサ

23
最近流行りの作家モノかと思いきや、作者の伝えたいものが溢れていて独立した作品だったように思います。この作品のように、作者が書きたい話を書いて、売れて、続きを書けたら幸せなことですよね。最近少なくなっている青春モノは個人的に大好物なんで悲しいんですが、最近の売れ線から外れているからって挑むのを辞めないで貰いたいと思うのはエゴなんだろうか。そんなことを考えました。2017/07/25

リク

19
妹とのイチャイチャがメインだと思ってたら、真面目で本気なライトノベル執筆だった。商業作品として売上は大事、でも作家として譲れないものがある。作家と編集の本音が詰まって、理想と現実に揺れる執筆活動にリアリティを感じた。紘も唯々羽も礼祢も、納得出来る作品をつくるためには努力を惜しまない姿勢が素晴らしかった。 ラノベ読みとして、心に突き刺さる作品=売れる作品でないのは痛いほど実感してる。こうして自分が感想書いても何が変わるというわけじゃないだろうけど、もしこんな風に巡り巡って作品に出会う人がいるなら幸せだなぁ。2017/07/23

える

18
良かった!もっと軽いラブコメかと思っていたら、かなり熱い、心にグッと来るものがある作品でした。一つの作品を生み出すまでのそれぞれの熱い闘いがストレートに伝わってきて、そんな努力も虚しく打ち切りになってしまう辛さが痛い程伝わってきた。それでも自分たちの信念を曲げずに精一杯努力する姿が格好良かった。そして最後の展開!胸にジンと来た。努力がしっかりと報われて、自分のことのように喜んでしまった。是非、次があるなら読みたい。次はヒロインたちのラブコメ方面でも報われれば良いのだけれど、主人公が無頓着なのが……(苦笑2017/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12045351

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。