MF文庫J<br> Re:ゼロから始める異世界生活〈13〉

個数:
電子版価格
¥638
  • 電書あり

MF文庫J
Re:ゼロから始める異世界生活〈13〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月19日 01時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 323p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040692852
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大人気WEB小説第13弾!ついに姿を現した忌々しき"魔女"! スバルの運命や如何に。大人気WEB小説第13弾!

長月 達平[ナガツキ タッペイ]
著・文・その他

大塚 真一郎[オオツカ シンイチロウ]
イラスト

内容説明

予期せぬ形で第二の『試練』と向き合わされ、地獄のその先の光景を知ったナツキ・スバル。己の罪を知り、救いを求めた魔女の本性に裏切られ、打ちのめされたスバルを取り囲むのは大罪の名を冠する六人の魔女と、それらを滅ぼした最後の魔女だった。激昂と慟哭の果てに、救いたいものを救えないナツキ・スバルの心は摩耗する。だが、どん底に突き落とされたスバルの下へ、一人の友から最後の希望が差し伸べられる。希望は硬い拳となって、諦める必要などないのだと、強く鋭く叩きつけられて―。「―賭けをしよう。俺とお前の、願いをチップに」大人気Web小説、愛情交錯の第十三幕。―今、鳴り響く、泣きたくなる再起の音。

著者等紹介

長月達平[ナガツキタッペイ]
1987年生まれ。小説投稿サイト「小説家になろう」にて『Re:ゼロから始める異世界生活』を投稿中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

47
いつも絶望的な状況に追い込まれてきたけど、遂に大きく前へ進んだような気がする。オットーがめちゃくちゃ男前だったり、ガーフィールが中二だったり、エミリアのヒロイン力の高さ等、個性が光ってました。2019/10/20

まりも

42
男の友情輝くシリーズ最新刊。魔女たちとのお茶会から始まる話。聖域編も後半戦に突入!という訳でようやく反撃開始ですね。色々と見所はあったけど、その中でもオットーの活躍が目覚ましい。スバルは本当にいい友達を持ったなぁとしみじみ。ガーフィールも言ってたけど、オットーを舐めたらあかんね。今回は友情パワーが炸裂といった感じの内容でした。あとパトラッシュのヒロイン力もハンパない。リゼロは解決編に向かった時の爆発力が素晴らしいし、今後がとても楽しみ。ラストのレムとスバルのイラストも良かったなぁ。次巻も期待してます。2017/06/27

よっち

39
打ちのめされたスバルを取り囲んだ大罪の名を冠する魔女たち。どん底に突き落とされたスバルに友人からの最後の希望が差し伸べられる第十三弾。過去の記憶を失ったままだったエミリアが迎える転機と、事情を明かしたロズワールに賭けを提案するスバル。意外な力を秘めていたオットーの助力も得て森から出る事を頑なに阻み続けるガーフィールに挑む展開でしたけど、ここを力を合わせて乗り越えたことは大きな転機に繋がりそうですね。最近はやや停滞していた感もありましたけど、エミリアがここから成長した証を見せられるか今後に期待ということで。2017/07/11

かんけー

39
驚きの怒濤の展開に声もなく(^_^;)プロローグのスバルと魔女達の会話が交わされ?嫉妬の魔女も含めて、不毛なやり取りが行き交うのだが...スバルの拒絶は凄まじく!だが其は些細な切っ掛けに過ぎず。口絵イラストの伏線は読み進めて行くと氷解し、あの脇キャラ扱いだったオットーの覚悟の啖呵に驚き?ガーフに向けるラムの眼差しとか?吠えるガーフの○○とかwエミリアとスバルの○○○とか?前巻で焦らされた描写総てが今巻の見事な迄の歓喜に昇華されてて(*^^*)予想外のニコニコが止まらない~♪v(*'-^*)^☆→2017/06/24

ガーガー

32
今まで自分一人で何とかしなきゃと奮闘していたスバルだけど、嫉妬の魔女、オットー、パトラッシュに助けられて、ロズワールと賭けをすることを決意する。オットーも誰にも理解されない悩みを一人で抱えていたから、スバルに共感できたし、友達になろうと思ってくれたんだな…。エミリアとのことは、今まで優しい言葉をかけるだけだったのに、一歩前に踏み出して互いの思いを言い合っていてなんだか感動した。これで二人とも大きく成長できるね。ガーフィールはスバル達と戦って、一緒に戦ってくれる決意をしてくれてよかった!2018/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11881865
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。