MF文庫J<br> 境域のアルスマグナ〈2〉盾の死神と博士の絡新婦(アラクネ)

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
境域のアルスマグナ〈2〉盾の死神と博士の絡新婦(アラクネ)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040691459
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

それは一つの可能性。道を踏み外したもう一人の「レオ」。<水葬の王>鳴海滝徳と乙姫に勝利し、<王>としての第一歩を踏み出した怜生。
多忙な日々を送る彼の元に、一文字卿から送り込まれた護衛は、この世で最も嫌いな女性――武芸の師、切花白羽だった。
彼女に常時護衛されながら、編入した神霊学部で<王>としての基礎を学び、学友達と過ごし、束の間の安息を満喫する怜生。
しかし、敵は既に背後に迫っていた。偶然か運命か、敵も医療魔術師。そして……
「私の名はレオ――レオ・フランケンシュタインだ」
最強・最速・極悪の三拍子揃った凄絶過激な魔王の狂宴、恐怖と悲哀が綴る第二幕。
輝く覇道を歩む者と、悪辣な外道を強いられた者。二人の「レオ」が激突する――!

パルプピロシ[パルプピロシ]

絵戸太郎[エドタロウ]

内容説明

“水葬の王”鳴海滝徳と乙姫に勝利し、“王”としての第一歩を踏み出した怜生。多忙な日々を送る彼の元に、一文字卿から送り込まれた護衛は、この世で最も嫌いな女性―武芸の師、切花白羽だった。彼女に常時護衛されながら、編入した神霊学部で“王”としての基礎を学び、学友達と過ごし、束の間の安息を満喫する怜生。しかし、敵は既に背後に迫っていた。偶然か運命か、敵も医療魔術師。そして…「私の名はレオ―レオ・フランケンシュタインだ」最強・最速・極悪の三拍子揃った凄絶過激な魔王の狂宴、恐怖と悲哀が綴る第二幕。輝く覇道を歩む者と、悪辣な外道を強いられた者。二人の「レオ」が激突する―!

著者等紹介

絵戸太郎[エドタロウ]
第十二回MF文庫Jライトノベル新人賞で最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

7
束の間の休息を謳歌する中、継ぎ接ぎの王と激突する今巻。―――願う心、想う心。激突の先に何を生む。同じ医療魔術師、継ぎ接ぎの王と戦う今巻は、哀しみと慟哭入り混じる風が吹く中、互いに相手の事情など知らぬと激しくぶつかり合う巻となっている。怜生とレオ、鏡写しに等しき二人は互いの信念を賭けてぶつかり合い、そんな中で怜生は自分の戦力を整え、自らの軍勢を結成し歩き出す。継ぎ接ぎの王を退けた先、女王は滅亡を誘う中、怜生と花蓮はその誘いにどう応えるのか。次なる戦い、その相手と怜生の辿る道とは。 次巻も楽しみである。2017/03/29

古だぬき

5
強烈に面白かった!凄いなんてもんじゃない!キャラクター1人1人の作り込みが凄い!世界観設定がしっかりしてるから、バトル物必須の説得力がちゃんと備わってる。かと言って、展開の一つ一つには著者さんならではのアクセントが加えられて、読みたいお話(展開)でありながら新鮮さが感じられる!そしてキャラたちの愉快なこの掛け合い!化け物か!いや、人外モンスター祭りなのは分かるけどもwキャラクター総数が20名近くもいるのに、一人一人見分けられるのはキャラ立ちの証拠な訳で、更にはキャラクターがすごく作り込まれていることでもあ2017/04/17

リク

5
今回も医療と狂気のボーダーラインを攻めぬくスタイル。倫理観が崩壊しかねん。全てのパーツを代用した人間は、本人と言えるのか。 全編通してバトルがメイン。まあ怜生からすればそんなことなかったかもしれないけど…。バトル×治療○。これまで《王》としての責任感から誰にも頼らず一人で戦ってきたけど、力となってくれる仲間が出来てよかった。まあ切花先輩と燦燐は分かるけど、クラスメイトは早かった気もするが。2017/03/27

コウ

1
物語も良いけど個人的にはキャラが本当に良いな、と気付いた今巻。特に主人公のフランケンシュタインに対する理解の仕方が自分好み。やってることは非道だけど、その信念までを無下にしない感じ。ただ単に正義のヒーローっていう感じでもない主人公だから、余計なイライラが全くなく読める。2017/08/31

猫殿宰相

0
「王」が主人公ならやっぱ女騎士は必要よなぁ2017/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11597184

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。