MF文庫J<br> 吾輩はオークである。―女騎士はまだいない。

電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
吾輩はオークである。―女騎士はまだいない。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040681153
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

オーク×女騎士×異族(デミ)だらけの人外文芸ラブコメ最高峰、爆誕!

矢沢琢郎はオークである。名ばかり文芸部の部長で、新入生はまだいない。
「今日からこの部は、《豚の騎士団》だ!」四月一日、琢郎は高らかに宣言をした。
部員の火雛に「アタマ大丈夫デス?」と憐れまれても構わない。
すると、本当に女騎士を目指す金髪碧眼の少女・岸アリサが入部してしまう。
勢いのままオーク(ときどき)と女騎士(志望)は『理想の女騎士』を追求し始めるが、不死鳥の火雛(炎上気味)をはじめ、見た目完璧の雪女・風花(寒がり)、怠惰を司る悪魔・郡(留年)ら周囲は、マイペースにアリサを翻弄。こうして始まる、オークと女騎士と異族だらけのまったり文芸部ラブコメ、奇跡の幕開け!

内容説明

矢沢琢郎はオークである。名ばかり文芸部の部長で、新入生はまだいない。「今日からこの部は、“豚の騎士団”だ!」四月一日、琢郎は高らかに宣言をした。部員の火雛に「アタマ大丈夫デス?」と憐れまれても構わない。すると、本当に女騎士を目指す金髪碧眼の少女・岸アリサが入部してしまう。勢いのままオーク(ときどき)と女騎士(志望)は『理想の女騎士』を追求し始めるが、不死鳥の火雛(炎上気味)をはじめ、見た目完璧の雪女・風花(寒がり)、怠惰を司る悪魔・郡(留年)ら周囲は、マイペースにアリサを翻弄。こうして始まる、オークと女騎士と異族だらけのまったり文芸部ラブコメ、奇跡の幕開け!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツバサ

10
パロがちょくちょく入ってて面白かった。最近、パロがある作品を読んでなかったからより面白く感じた。ゆったりまったりなキャラ達の会話に癒される。続きも読みたい。2016/03/01

サキイカスルメ

6
ゆっるゆる、時々ゆりゆり?興奮するとオークになってしまう琢郎と愉快な仲間達のお話。オークとか女騎士とか吸血鬼とかはかなり薄味で、ゆるい部活コメディがメイン。ヒロイン達の下ネタが結構エグかったのが合わなかったかなぁ。女の子はあんまり言わない方がよいと思うよ、うん……。パロネタコメディは楽しかったです。2016/03/10

尚侍

6
とっても面白かった。日常系ラノベでありながらファンタジーの要素も若干ですが入っているので、いい意味でなんでもありの世界観なのがいいですね。こういうゆるい日常系ラノベは最近すっかり数が減ってしまったので末永く続いて欲しい……のですが、よりにもよってかれんさんをBBA呼ばわりするだなんて絶対に許さない。かれんさんは私服のセンスがOLなだけでBBAじゃないじゃないですか! アクアトルネードで成敗されればいいのに。あ、ちなみに私が一番嫌いな言葉は「This video has been deleted」です。2016/03/04

takave

5
様々な種族が存在する現代社会で日常系部活モノ。パロネタシモネタマシマシだけど、たまにクスッとなるネタがあるのがニクい。読んでいて喰っぽいなと思って作者名見返したら同じ人だった。2016/04/29

ラノベの王女様

5
ロリな火雛が可愛いっ!八五ページで、風花に抱き寄せられながら「あー、ふーちゃんのおっぱいふかふかで気持ちええんじゃ~」とおっぱいの感触を堪能する光景に興奮!一八四ページの、バブみを溢れさせながら人差し指をつきつけるポーズを見てギュッてしたくなったわ!佃煮のりお先生のイラストはシコリティ高いわ~。togetterで行われた作品紹介と比べると、パロに勢いが無いのが残念だったかしら。もっと淫夢ネタがあると期待してたのに。2016/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10207183

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。