MF文庫J<br> Classroom☆Crisis〈3〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
Classroom☆Crisis〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040680354
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

かんざきひろ×丸戸史明×長崎健司のオリジナルアニメ、公式ノベライズ

太陽系惑星への移住が進んだ時代。霧科コーポレーションの先行技術開発部にして教育機関のA-TECでは、瀬良カイトとメンバーたちの技術の結晶である最新型小型ロケットX-3が完成しようとしていた。しかし霧科はA-TECの解散を決議。常務に昇進して解散に反対した霧羽ナギサも、社長でもある兄ユウジたちの派閥争いの狭間で窮地に立たされていた。起死回生の一手はX-3の有用性を上層部に認めさせ、世間に知らしめること。だが八方塞がりの彼らに、はたしてそんなことが可能なのか――!?
大好評TVアニメ『Classroom☆Crisis』公式ノベライズ遂にクライマックス!

内容説明

太陽系惑星への移住が進んだ時代。霧科コーポレーションの先行技術開発部にして教育機関のA‐TECでは、瀬良カイトとメンバーたちの技術の結晶である最新型小型ロケットX‐3が完成しようとしていた。しかし霧科はA‐TECの解散を決議。常務に昇進して解散に反対した霧羽ナギサも、社長でもある兄ユウジたちの派閥争いの狭間で窮地に立たされていた。起死回生の一手はX‐3の有用性を上層部に認めさせ、世間に知らしめること。だが八方塞がりの彼らに、はたしてそんなことが可能なのか―!?大好評TVアニメ『Classroom☆Crisis』公式ノベライズ遂にクライマックス!

著者等紹介

田口一[タグチハジメ]
名古屋出身。『魔女ルミカの赤い糸』で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞の佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

3
解散の危機にプレゼンテーションで立ち向かう最終巻。アニメは一通り見てきたが活字になると中々に味が違って面白いものである。何というか独特の熱さがある感じである。大人達の汚い陰謀にも一致団結して立ち向かい命の危機を迎える仲間を全員で協力して、自分達の汗と涙、歩んできた日々の結晶を使って助け出す・・・これぞまさに近未来の青春の一つの形なのではないだろうか。大人が汚いのはどこの世界でも変わらないのかもしれないが、子供達の純粋な力が強いのもどこの世界でも共通なのかもしれない。 ノベライズとしては面白かったである。2016/01/22

ぉふぁ

1
色恋沙汰担当は予想通り、ナギサとイリアの関係は成る程なーという感じ。 青春、メカ、人間同士の潰し合いを掛け合わせるとこうなりますと言う作品。 面白かった、続きがもしあるなら読みたい2016/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10123670

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。