MF文庫J<br> 緋弾のアリア〈21〉秋霜烈日の獅子(リゴラス・サスペクト)

個数:
電子版価格
¥638
  • 電書あり

MF文庫J
緋弾のアリア〈21〉秋霜烈日の獅子(リゴラス・サスペクト)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月19日 07時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040677507
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

キンジは緋緋色金の本体を発見し、衝撃の事実を知る。緋緋神に乗っ取られたアリアを救う事はできないと刃を向ける白雪、それでも不可能を可能にしようと戦うキンジ。「緋弾のアリア」の行く末に待つものは……!?

内容説明

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。苦難の末に星伽神社まで辿り着いたキンジはついに緋緋色金の本体を発見し、衝撃の事実を知る。緋緋神に乗っ取られたアリアを救う事はできないと刃を向ける白雪、それでも不可能を可能にしようと戦うキンジ。世界の平和を賭けた激闘、明らかになる色金たちの真実、そして「緋弾のアリア」の行く末に待つものは…!?大スケールアクション&ラブコメディー第21弾!

著者等紹介

赤松中学[アカマツチュウガク]
生年月日、年齢、出身地、現住所に至るまで全てが不明の覆面作家。『アストロノト!』で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yobata

43
星伽神社で緋緋色金の本体に辿り着き、緋緋神に乗っ取られてしまったアリアと対峙する事に。もう戻ってこれないという白雪に対しキンジはアリアを取り戻せるのか?孫にハビと散々振り回して引っ張ってきた緋緋神さんマジっすかw?ラスボス的な雰囲気醸し出してたけど、本当の恋のパワーを前に超タジタジで逆にアリアに乗っ取られちゃうとは…。そして緋緋神の念願だった母に会う為に宇宙へ…もうどこでもアリだなw宇宙帰還後の日常編もスムーズに移行しすぎてキンジは人間らしい生活もやめてるよねw萌と菊代懐かしかった!胸万力ってなんだよw→2015/08/23

スズ

40
前半は緋緋神との和解、中盤は萌・菊代・かなえさんとの再会、終盤は理子とのデートと新たな敵の登場といった感じで、バトルはほぼありませんでしたが、1巻からの悲願が叶い大満足。緋緋色金と星伽の巫女との歴史や、緋緋神が何故好き勝手に暴れていたのかなど、色々と謎が明らかに。中盤のかなえさんとアリアの親子の再会には、ここまで来るのに7年もかかった分感動も大きかった。他にも白雪を「若奥様」と呼んだリサを白雪が大層気に入ったり、萌に勉強を見て貰ったり、キンジとカツェがメル友になっていたり、キンジとライカの邂逅も良かった。2016/09/29

いーたん

40
長かった緋緋神の話も、思いの外あっさり完結。大団円かと思いきや、キンジさんは逮捕されましたとさ。すぐに釈放される予感がしますけどね。たしかに作詞は以前のあとがきで、やりたいことはまだまだあるみたいな事を言っていたので、シリーズ完結になるとは思っていなかったのですが、今後の話の主題は対セイジ・アリスベルになるのかな?それとも他のネタを持ってくるのでしょうか。 ところで、アリア・かなえの親子丼的展開良かったです。かなえにドキドキしました。あと、理子も良かったし、久々の萌や菊代も出てきて満足。2015/09/04

giant★killing

35
内容は緋緋神に完全に乗っ取られてしまったアリアを殺すべく白雪は立ち向かうが、キンジはアリアを殺さずに救う方法を見つけ出し…。緋緋神との戦いも決着し、本物の『緋弾のアリア』になったアリア、そして釈放された神崎かなえ…何かもう物語的には大団円ですし終わっちゃうのかな?とも思いましたが…ラストの引き的にまだまだこのシリーズは続くみたいですw。というかやっぱり不知火には裏があったか…静刃も出てきて『やがて魔剱のアリスベル』との関連性も深まりそう。21巻も重ねてアレですが…『緋弾のアリア』の新章が楽しみです^o^。2015/10/07

まるぼろ

35
今巻は緋緋色金やかなえさんの諸問題が一気に解決した巻です。前巻で最終決戦じみた雰囲気を醸し出していた緋緋神との対決も、蓋を開けたら割とあっさり解決。まぁたかだかシャトルで大気圏再突入したくらいで狼狽えるとはキンジらしくありませんが…w 他にもキンジより人外度が上な一石君が武研選抜を受ける事になったり、萌を通じて「東大」のワードがチラホラ出てきたりと、先に繋がる事が幾つか出てきたりな巻でもありました。かなえさんとの件では何故か親子丼が頭にチラつきましたが…w が、ここで静刃の出現とキンジの…次巻も期待です。2015/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9793520
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。