佐々木とピーちゃん―異世界でスローライフを楽しもうとしたら、現代で異能バトルに巻き込まれた件 魔法少女がアップを始めたようです

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

佐々木とピーちゃん―異世界でスローライフを楽しもうとしたら、現代で異能バトルに巻き込まれた件 魔法少女がアップを始めたようです

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月02日 07時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040659329
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ペットショップで購入した可愛らしい文鳥は、異世界から転生した高名な賢者様だった。
世界を超える機会と強力な魔法の力を与えられ、佐々木は異世界へと現代の物品を持ち込み商売を開始する。
世界間を行き来しつつ――お金を稼ぎ、魔法の訓練をして、美味しい物を食べる――悠々自適なスローライフを目指すが、ある日の会社からの帰り道で異能力者と遭遇してしまう。
賢者印の魔法で異能バトルを切り抜けるも、実力を見込まれて内閣府超常現象対策局にスカウトされ、晴れて国家公務員に転職が決まり……?
異世界ファンタジー×異能バトル×年の差ラブコメ(?)。
さらには魔法少女、ご近所JC、同僚JK、貴族、ロリババア、王子etc...
属性ジャンル全部乗せでお贈りする、異世界と現代日本行ったり来たり物語。
MF文庫Jが放つ新文芸として、遂に登場!

【初回限定特典】
ぶんころり書き下ろし『佐々木』×『西野』×『田中』コラボSSペーパー封入!
SSタイトル:〈佐々木とピーちゃん ~異世界に行こうとしたら別作品に飛んだ件~〉
※特典は紙本限定となりますのでご注意下さい

内容説明

ペットショップで購入した可愛らしい文鳥は、異世界から転生した高名な賢者様だった。世界を超える機会と強力な魔法の力を与えられ、佐々木は異世界へと現代の物品を持ち込み商売を開始する。世界間を行き来しつつ―お金を稼ぎ、魔法の訓練をして、美味しい物を食べる―悠々自適なスローライフを目指すが、ある日の会社からの帰り道で異能力者と遭遇してしまう。賢者印の魔法で異能バトルを切り抜けるも、実力を見込まれて内閣府超常現象対策局にスカウトされ、晴れて国家公務員に転職が決まり…?異世界ファンタジー×異能バトル×年の差ラブコメ(?)。さらには魔法少女、ご近所JC、同僚JK、貴族、ロリババア、王子etc…属性ジャンル全部乗せでお贈りする、異世界と現代日本行ったり来たり物語。MF文庫Jが放つ新文芸として、遂に登場!

著者等紹介

ぶんころり[ブンコロリ]
ラノベ作家。「田中―年齢イコール彼女いない歴の魔法使い」(GCノベルズ様)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

AKF-ZERO

32
『田中』と『西野』はかなりニッチな層をターゲットととされてましたが、『佐々木』は正統派のラノベ読者向けに書かれており、今までキモイだとか生理的に受け付けないとか、避けられたり途中で読むのを断念した人達に特にオススメしたい作品です。なんせただでさえ筆力の高い作者が、異世界ファンタジーに現代異能バトルに魔法少女とそれはもうあらゆる設定が盛り沢山で詰め込まれてるので、内容の密度が凄い事になっててそれがまた面白いったらもう! そして今度もまたメインヒロインにヤンデレが。この作者さんが書く歪んだ愛情ってとても魅力的2021/06/04

こも 零細企業営業

31
寂しくて文鳥を買ったらそれが異世界から来た賢者だった。設定がブッ飛んでるな、でも、その後の話の持って行き方は見事。その点、佐々木は田中と違って枯れたオッサンで相方も文鳥のピーちゃん(♂)なので安心して読めた。職場も最初はブラック企業な中小企業だったが、後半からは特殊能力(魔法)が目覚めた事っで特殊能力を取り締まる組織に半強制的に転職させられて、死にそうな目に遭ったり?ピーちゃんのお導きで異世界に行くが、最初は異世界に地球の物を持ち込んだりして金を稼いでいたが、御家騒動に巻き込まれたり、戦争に巻き込まれた。2022/05/28

サケ太

30
非常に面白い。というか、色々とぶっ飛びすぎてて楽しい。疲れたてたサラリーマンが出会った文鳥ピーちゃんをペットにしたことで始まる新たな生活。ピーちゃんの居た異世界だけでなく、元の世界でも新たな生活を迎えていくのがいい。凄まじい力を手に入れながらも、敵対する人物をディスる訳でもなく、物腰柔らかに対応する佐々木さんが素敵。元の世界、異世界それぞれのヒロインたちも徐々に登場しており、今後の展開も非常に楽しみになっていく。文章量の多さに圧倒されるも、テンポがひたすら良いので、スラスラ読めちゃう好きな物語。2021/01/24

しぇん

27
社畜生活に潤いを求め文鳥を飼ったら異世界から流れ着いた最強の賢者様で、異世界と現実を行き来する生活に。現世で公務員になったり異世界で騎士になったり活躍著しいですが、思考が疲れている上に枯れかけているアラフォーなので落ち着いて読めました。後半は異世界ばかりだったし、最後のひきてきにも続きは現世メインになりますかね?2021/03/14

しまふくろう

23
なんとなく買い。絵は可愛らしくて大変良い。 物語は四十前のおっさんが文鳥を飼ったら世界が変わった話。魔法が使えるようになったり、異世界と元の世界を行き来できたりと凄いのに、どちらの世界でも簡単に自由を謳歌できないのが面白い。ペットで賢者なピーちゃんと癒しを求める佐々木の関係性も面白かった。 続きが楽しみ。2021/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17183609

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。