MF文庫J<br> 教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?〈5時間目〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?〈5時間目〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 04時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040658520
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

16
新企画の取材で天神とヤヤが箱根を訪れる中、冬燕と星花までもがやって来る今巻。―――鎖で縛る主の才能は、いつだって無慈悲で残酷だ。 姦しい女子達の珍道中、その裏に潜むは才能という命題からの刃。 重くて苦しく、そして残酷なまでに重荷がのしかかってくる巻であり、才能の闇に溺れた大人と闇を知らず光に泳ぐ子供の対比が切なく苦い味を齎してくる巻である。解けた謎の結び目を種に火種が燻り続ける中、彼女の突然の行動は舞台に何を齎すのか。波紋止まらぬ舞台に湧いた色の違う波紋が齎すものとは。 次巻も早く読みたいものである。2019/07/28

ぶなぶな

15
ヤヤとの企画の取材でやってきた箱根で星花と冬燕に遭遇した天神が温泉ライフを満喫するかもしれない第5巻。口絵のシーン1ミリもなくて草。今回も本当に面白かった。おふざけコメディが残酷な世界の苦しみの物語を愉快痛快に覆い隠している。特にポンコツクソ悪魔が何も知らない顔で君臨していることが最も残酷だ。それでもこの才能の世界で、化け物も奴隷も凡骨も信念を抱いて生きている。志辺里もヤヤも信念を導いた。天神が心の真ん中に据えるものは何なのか、気になるところである。新人の才能のために自分の作家を殺すようではロリコンだ。2019/08/06

Merino

14
どこまでも主人公自身とよく似た天邪鬼な人族堕ちした神様と、バカ猫と、愛おしい犬どものお話。『作家』としてどう生きていくべきかが焦点となってくる今巻、主人公のスタンスも徐々に明らかになってきてシリアスムードになりつつある中、「そんな世界は壊してしまえ」って聞こえてきそうな展開気概がこの著者らしい。ノリの良い楽しい会話劇の裏で、其々が不安を抱えたまま、ずっと心悲しい雰囲気でお話しは進んでいく。みんなきっと心の中では泣いている。最後の節は特に印象的で、このシリーズがより好きになった。 ★★★★★2019/09/05

ツバサ

13
中盤まではいつものロリロリ。それ以降はシビアな話が続き、痺れる。無自覚の圧倒的な才能はもはや暴力。星花、お前だ。ヤヤと天神はたまったもんじゃない。ただ、星花が悪いわけじゃないから複雑。溜め巻が続くが、そろそろ天神とヤヤが輝くんだろう。と思うが、作者は鬼だからなぁ。2019/07/29

椎名

11
どこまでも“才能”の物語だなあ。どのキャラクターも生々しく、その生々しさをキャラクターらしい二次元的な皮でオブラートに包んで読ませてくるの、本当にこの作者ならではですね。才能の奴隷という初代担当の言葉はきっと作家や作品に惚れ込んだことのある人間にとって非常に理解できてしまうものではあるが、だからこそ今の天神の作品を読み込んでいないのも刺さる。面白い。2019/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13973452

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。