MF文庫J<br> ライアー・ライアー〈2〉嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
ライアー・ライアー〈2〉嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 321p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040657981
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

早くも話題沸騰! ウソとハッタリの最強無敗の学園頭脳ゲーム第2弾!

内容説明

決闘で等級を決める学園島で、史上最速の学園島最強(偽)に成り上がった俺、篠原緋呂斗。姫路らの力も借り、強敵・久我崎との死闘も切り抜けた。でも“偽りの最強”である俺に平穏はない。英明学園の伝統イベント・区内選抜戦は、一週間で生徒総数9000人が連戦で最後の一人になるまで続く鬼サバイバル。最強の座を盤石にするためにも戦略を立て準備は万全、のはずだった。だが、不穏な動きを見せる“小悪魔”秋月乃愛のせいで、俺の行動は全て先読みされてしまう。これは敵の不正のせいなのか?OK、ならば俺に不正で勝負を挑んだことを小悪魔に後悔させてやろう―!

著者等紹介

久追遙希[クオウハルキ]
「クロス・コネクト」で第13回MF文庫Jライトノベル新人賞“佳作”を受賞、同作にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

26
★★★ どんな状況でも感情が表情に出ないこと以外大した取り柄がないはずの主人公と偽りのお嬢様だったとはいえ実力は七つ星のヒロインがほとんど対等に戦略を練っている時点で設定崩壊気味な気がする今作。前巻の冒頭で実力はほとんどないため嘘〈イカサマ〉で乗り切っていく〜みたいな流れを展開していたのに二巻にしてほとんどイカサマを使わず普通に実力を発揮しだしたところには正直かなり困惑した。遊戯の内容もどこか既視感のあるものだったところは少し残念。やはり同レーベルの「自称Fランク」と比べると若干見劣りするかも…?2019/10/11

かっぱ

12
"嘘"の学園最強が紡ぐシリーズ2弾。嘘も貫き通せば本物だ。今回は立ちはだかる敵の謀略により白雪を人質に取られた緋呂斗の戦いが描かれる。身動きが取れない白雪の代わりに立ち上がったのは更紗。嘘で繋がりあった二人ではあるけれど、互いに築いた絆がしっかりと勝敗を決するところに繋がっていて爽快感がある。また、白雪との言わなくても分かり合える関係性も尊いなあ。ただ元・英明学園トップの乃愛という充分すぎる相手を前にした割には意外とあっさりしていたように感じた。黒幕の裏には黒幕が。まだまだ物語がどう展開されるか楽しみだ2019/08/28

椎名

11
例外的なまでに追い詰められ、なんだか巻数を重ねている気になっていたがまだ二巻なのか。二冊とは思えない情報量とヒロインたちとの関係性、密度高めでいいですね。所謂攻撃力特化の作品なので読んでいるときにあまり細かいところが気にならず、主人公の地頭も良いので追い詰められてからのどんでん返しは非常にワクワクさせられる。早くもコミカライズ決定ということで、上手く波に乗れている印象。めでたい。続きも楽しみ。2019/09/01

真白優樹

10
学園伝統のイベント、区内選抜戦に万全の準備を整えて臨むも小悪魔な先輩、乃愛に窮地に追い込まれる今巻。―――我に敵う嘘はなく、我等に勝てぬ絆無し。 更紗との共犯関係故に一蓮托生の信じあう絆、白雪との以心伝心の絆。二つの絆と悪魔な策略が絶体絶命を覆すついでに小悪魔を救い出す鍵となる今巻。 一巻にも増して勢いを増した物語と息もつかせぬゲームの流れが興奮を誘う巻であり、本格的に歩き出した面白さが堪らない巻である。三つ目の星を入手し戦力を手に入れるも不穏は側に。果たして次のゲームとは。 次巻も須らく期待である。2019/08/30

ぽなぎ

9
区内選抜戦の中で小悪魔に翻弄される第2巻。新キャラの6ツ星"小悪魔”乃愛がいい感じにウザキャラで序盤はひたすら翻弄されヘイトが結構たまったわw中盤からは連戦で最後まで締めてスッキリ。乃愛はいざ戦いだしたら常に冷静沈着に事を運んで優位に立ってる印象の緋呂斗だったけどそれが成せるのは相棒の白雪と更紗への絶大な信頼関係あってですよね。特に今回はカードバトル、宝探しと白雪との主従関係の絆の強さが際立った印象でした。最後は意外とあっさりやられたなと思った小物でしたが今後も出るのね。引きのバーゲンセールで草(8/102021/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14142704

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。