MFC キューンシリーズ<br> しょうあんと日々。 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

MFC キューンシリーズ
しょうあんと日々。 〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月30日 16時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 130p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040657530
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雪紫

45
人化したダイナマイトしょうあんが目覚めたのはそして誰もいなくなった軍艦島。クレイドルみたいなことにはならず、ほのぼのしてるようで、寂しいお話。テレビやラジオ、お姉ちゃんとか。2021/06/01

歩月るな

5
薄幸少女というシチュエーションに対するフェティッシュの昇華と言えそうなので『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』とか好きな人がハマりそうな作品、と言うと通じるものがあるのか、「かわいそかわいい」「不憫かわいい」と称する新ジャンルを構築しようとしているのか、カリンちゃんがおらんくなったのでキューンの最狂の不発弾しょうあんちゃんに手を出してみる。つくもがみ。無知シチュを楽しむ斜め上からやってくる教養漫画。典型的な物が捨てられないタチなので、この呪縛からは逃れられない。それこそがフェティッシュ。2020/03/27

TSUBASA@漫画登録用

3
炭鉱が閉山した後の軍艦島で、人間に憧れた硝安ダイナマイトが数十年たって動けるようになった。しょうあんは軍艦島で人間を真似て黒いダイヤを拾ったり、家族ごっこをしたりするのだった。びんちょうタンを彷彿とさせる。人のいなくなった廃墟に残されたモノって魂が宿りそうでロマンがあるよね。しかしどんなに可愛くても火気厳禁である。2020/03/11

kinaba

2
これ絶対、現実の軍艦島という廃墟になった島が舞台と見せかけて、実は本土からも世界からもとうに人類が消えてる世界であることが次第に明らかになる系の話だと思って読んでいたのに…!クレイドル脳過ぎでした。素直に次巻は読もう2020/04/12

KOU

2
前作の『どくろさんが見ている』といい、今作の『しょうあんと日々。』といい、キューンでの連載はどうしてこうなった感いっぱいな題材ばかりなのか。 それはともかく、軍艦島(ぐんかんじま)は通称で、長崎県長崎市にある端島(はしま)という島だとか、1974年の閉山で無人島になったとか、日本初の鉄筋コンクリート造の高層集合住宅があるとか、硝安ダイナマイトは粉状ダイナマイトで薬包紙筒かポリエチレン袋に充填包装するだとか、調べるといろいろ出てくるな。2020/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15101059

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。