MF文庫J<br> 聖語の皇弟と魔剣の騎士姫―蒼雪のクロニクル〈2〉

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

MF文庫J
聖語の皇弟と魔剣の騎士姫―蒼雪のクロニクル〈2〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月18日 16時37分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 419p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040656731
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

〈聖語〉と呼ばれる言語体系が魔法の如く物理世界を書き換える時代――。史上最強の〈聖語騎士〉を姉に持つ少年・蒼生=カレン=ブラッドフォードは、幼馴染みの氷乃華雪音とともに〈シルヴィウス学院〉を卒業し、京都に赴任することになる。そこは学院の支配から唯一逃れる独立組織〈言霊閣〉の君臨する日本最古の都市。一切の犯罪が起こらない、国内随一の治安都市と言われるこの都では、なぜか十四歳前後の少女が次々と失踪する神隠し事件が発生していた。事件を探る中で、蒼雪の二人が古代から続く因縁と国を支配する陰謀に立ち向かう。あらゆる言語が華やかに舞う絢爛なる大スケール魔法ファンタジー、待望の第二弾!

内容説明

“聖語”と呼ばれる言語体系が魔法の如く物理世界を書き換える時代―。史上最強の“聖語騎士”を姉に持つ少年・蒼生=カレン=ブラッドフォードは、幼馴染みの氷乃華雪音と共に“シルヴィウス学院”を卒業し、京都に赴任することになる。そこは学院の支配から唯一逃れる独立組織“言霊閣”の君臨している千年の都。一切の犯罪が起こらない、国内随一の治安都市と言われるこの都では、なぜか十四歳前後の少女が次々と失踪する神隠し事件が発生していた。事件を探る中で、蒼雪の二人が古代から続く因縁と国を支配する陰謀に立ち向かう。あらゆる言語が華やかに舞う絢爛なる大スケール魔法ファンタジー、待望の第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

24
★★★ MF文庫新人賞受賞作品の第2巻。1巻がかなり面白かったので購入を即決。今巻も相変わらず英語以外の言語・話者が消滅した世界で、それ以外の言語を鍵として物理世界を書き換えるという設定に加え、舞台を京都に移したことにより新たに陰陽師と妖という要素を付け加え、それらを上手く織り交ぜながら物語を二重三重に創り上げていく作者の手法にはとことん感心させられた。何気ない一言が物語にとって後々重要なパーツになってきたり、とある事件の犯人は誰なのか・またその意外すぎる真実に思わず瞠目させられてしまった。ただ、一→2020/04/06

真白優樹

9
世界有数の治安都市と言われながらも、神隠し事件が頻発する京都に赴任した蒼生と雪音が任務に挑む今巻。―――乱れ散る桔梗は何を見た、理想に揺れるその身は何を得た? 様々な思惑が入り乱れ闇夜に魑魅魍魎が蠢く古き都。真実と向き合い奔走する二人、その二人の目の前で救おうとした手はすり抜け暗躍する大人達が全てを奪い、刈り取っていく。血が舞い散り力がぶつかり、悲嘆とやるせなさが胸を突き刺してくる中、力が足りないなりに必死に奔走する二人の姿が痛ましくも熱い巻である。果たして大人達の次の動きとは。 次巻も楽しみである。2019/10/30

ツバサ

5
1巻から結構間が空いたので、どうかと思ったが面白かったです。ボリュームがある一冊ですが、全てが繋がっていたのは唸ります。ただ、1.2巻共に後味悪いのがちょっと気になります。最後に明かされた事実的にも明るくはならなそうですね。2019/11/05

sao

4
読了。 なんだろう、相変わらずモヤモヤしたものを感じる。 学院側の悪意と行為がエグい。 主人公の親や姉たちは信じて大丈夫なのか? 続きが出ること楽しみにしてます。 中途半端に終わりませんように。2020/03/09

ヲジ

0
言葉遊びの要素で、前回はアナグラムが出てきてあれは難しすぎたけど、今回紹介されるひとつに言葉遊びといえば?っていう、誰でもしってるやつがあったので気付きたかった。う~ん、くやちい。 それまで伏線ってなんぞやって人間だったけど、この本の伏線回収が見事なのはわかった。姉関係と学院のこと、話の根幹の部分はまだわからないけど、一連の騒動で新しく出てきた疑問点は残すところが無かった。 2人と戦う杏音ちゃんの活躍も見たいので続きを! 見返したくなるシーンがいっぱいあるから2巻分全部読み返しながら待つことにします。2020/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14478571

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。