MF comic essay<br> 北欧女子オーサ日本を学ぶ

電子版価格
¥1,210
  • 電書あり

MF comic essay
北欧女子オーサ日本を学ぶ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784040652290
  • NDC分類 382.1
  • Cコード C0095

内容説明

北欧女子オーサも来日して9年。日本について理解が深まりつつも、不思議に思う習慣はまだまだたくさん。この本では食事、日本語、おつきあい、お金、それぞれの専門の先生に作法や成り立ちを学びます。スウェーデン人漫画家による日本再発見漫画、待望の最新刊!

目次

第1章 北欧女子オーサ日本食のマナーを学ぶ(おしぼりの使い方;いただきますとごちそうさま ほか)
第2章 北欧女子オーサ日本語を学ぶ(日本語大好き!;敬称の不思議 ほか)
第3章 北欧女子オーサお付き合いの作法を学ぶ(日本での「お付き合い」;本音と建前 ほか)
第4章 北欧女子オーサお金の習慣を学ぶ(日本のお金の使い方;日本は現金文化 ほか)

著者等紹介

イェークストロム,オーサ[イェークストロム,オーサ] [Ekstrom,Asa]
日本に住み始めて9年目のスウェーデン人漫画家

小倉朋子[オグラトモコ]
(株)トータルフード代表取締役。フードプロデューサー、食の総合コンサルタント。亜細亜大学講師、日本箸文化協会代表。世界各国の正式なテーブルマナー・食にまつわる歴史・文化・経済などを総合的に学び、生き方を整える「食輝塾」主宰

金田一秀穂[キンダイチヒデホ]
1953年、国語学者金田一春彦の次男として東京で生まれる。祖父は『明解国語辞典』の編者・金田一京助。杏林大学外国語学部教授。専門は国語学、日本語教育など

杉山美奈子[スギヤマミナコ]
コミュニケーション・インストラクター。文筆業のかたわら、大学、短期大学、専門学校で学生にコミュニケーションのとり方を教えてきた

岩下宣子[イワシタノリコ]
マナーデザイナー。現代礼法研究所主宰。共立女子短期大学卒業。全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流の小笠原清信氏のもとでマナーを学ぶ。1985年「現代礼法研究所」を設立、主宰となる。マナーデザイナーとして、多数の企業や団体でマナー講座、指導、研修、講演などを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

97
オーサさんがおっしゃる通り。自分はフランス・アメリカにある会社の人とビジネス用でEメールを送信したことがある。だが時差を考慮しても日系の会社のように24時間以内に返事が返ってくることはほとんどない。「忘れられてしまったか...」と思ったころに突然返信メールがやってくる。唯一例外は送信して1分後に返ってきた自動メールだ。内容は「自分はこれから3週間の休暇を取るから用件があったら、〇〇が代行する。〇〇と連絡が取れなかったら▲▲が代行の代行をする」というもの。ビジネスメールだったらこのやり方のほうが合理的かも。2020/03/15

yomineko@猫毛まみれ

74
ものすごく勉強になりました!割りばしにこれだけの種類があったなんて、知りませんでした!オーサさんは日本在住9年、私は20年以上住んでいますが、やっぱり余りよく分かっていない・・・もうすぐオーサさんに追い抜かれそうです💦2021/08/28

のこ🐈

43
北欧女子のオーサさんが、日本の食事作法や礼儀作法、お金の作法やカタカナを学ぶ本書。っていうか、日本人であっても、お作法をよく知らずに無作法してしまってることが多かったりしますよね……。カタカナに至っては、もうブラックボックス(?)みたいな感じです。オーサさんと一緒に、色々と勉強し直す感覚で読みました。今回もおもしろく楽しく、またタメになる内容だったと思います。2022/01/13

ネムコ

40
日本に詳しくないオーサさんが日本のことを学ぶのを見ながら「外人はこーゆーところが解らないんだー」と発見するーーというコンセプトかと思いきや、日本人の私が知らなかったことがたくさん出てきた❗ 『たまご』は表記によって意味が違うとか、水引の種類と意味とか。茶碗と箸は同時に手にしてはならないとか。我が身を振り返って、色々とほほ…でした。2020/03/08

たまきら

38
オーサさんと一緒に学ばせてもらえる楽しい一冊です。彼女の(普通の日本人は気にしていないんだなあ)という一言がツボに入り、笑い転げました。娘が左手を下にして食べるの、オーサさんを読んで直らないかなあ…。この本でもスウェーデンのことが学べます。キャッシュレスのすごさに(観光客はカードを使うしかないのかなあ…)とちょっとびっくり。2022/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15080208
  • ご注意事項