MF文庫J<br> 異世界拷問姫〈7〉

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

MF文庫J
異世界拷問姫〈7〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 10時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040650951
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

いつか遠い遠い昔の御話と、呼ばれるかどうかもわからない醜悪な物語。終焉を超えたはずの世界に、何の前触れもなく異世界からの【転生者】にして【異世界拷問姫】を名乗る禁断の存在――アリス・キャロルが現れる。
彼女は【お父様】のルイスと共にエリザベートに苛烈な選択を突きつける――
「会わせてあげる、エリザベート! この私が会わせてあげるの大事な人に!」
綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る至高のダークファンタジー第七弾。
誰かの物語が終わったところで続くものはある。
かくして、新たな舞台の幕は上がる――演者達が、望むか否かに拘わらず。

綾里 けいし[アヤサト ケイシ]
著・文・その他

鵜飼 沙樹[ウカイ サキ]
イラスト

内容説明

終焉を超えたはずの世界に、何の前触れもなく異世界からの“転生者”にして“異世界拷問姫”を名乗る、禁断の存在、アリス・キャロルが現れる。彼女は“お父様”のルイスと共にエリザベートに苛烈な選択を突きつける―「会わせてあげる、エリザベート!この私が会わせてあげるの大事な人に!」綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る至高のダークファンタジー第七弾。誰かの物語が終わったところで続くものはある。かくして、新たな舞台の幕は上がる―演者達が、望むか否かに拘わらず。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

34
カイトが世界を救ったことに果たして意味はあったのか…2022/03/02

まっさん

26
★★★☆ カイトとヒナの選択によって終焉を免れた日から三年。生き残った者たちは少しずつ再建の道を歩み始めていた。一人残されたエリザベートは、日々治安部隊として愚者の取り締まりを行っていた。そんな折、顔の半分を仮面で覆った男と何やら不気味な雰囲気を漂わせる少女が現れる。カイトと同じように異世界転生を果たした少女は、とある卑劣な手段で拷問姫としての能力を有していて… 序盤から主要人物が物語から退場する衝撃の展開に。ようやく平和な日々が訪れたかと思っていたのに、まさかの人物が呆気なくその命を散らしたことで→2020/06/26

ℳℯ

22
★★★★☆(4.5) 再読。「武器ってよくわからないから、なれるなら、私はあなたの娘になりたいわ」――初読の際、この台詞に涙しない訳がなかった。実は私の最推しだったりする【異世界拷問姫】アリス・キャロルがとことん暴れる七巻。彼女の独白はまさに鳥肌もので、見た目からアルビノであることが窺える彼女が生前どんなに凄惨な人生を送ってきたのかが分かる。愛を渇望していた彼女が今後、どのような結末を迎えるのか。それはこの拷問姫編で一番注目すべき点であり、彼女はこの物語のもう一人の主人公でもあるのだろうなと思う。2021/09/03

だりあん

15
パワフルにぶっ壊れてるなぁ、アリス…。重要人物な方々が死んで…え?アンタまさかの裏切りものですか???凄惨な出来事が続くなか、癒しポイントはイザジャンのやりとり…可愛い。あと、エリザベートとラ・クリストフの髪の毛談義とか。2018/11/07

真白優樹

14
異世界からの転生者であるアリスがエリザベートに手を差し伸べ、家族であるルイスと共に世界をかき乱す今巻。―――悲劇は果て無く、終わらぬ世界は再び狂いだす。 アリス達の行いを引き金として、あの日連合して戦った陣営の間の乖離が明らかとなり、より絶望を増した悲劇の幕が上がる今巻。 この悲劇と終末は予測されたもの、そこに人間達は乗り遅れその間に彼等の心は離れ往く。 刃を取り戻したエリザベートの心が揺れる中、彼等の論理で世界を救おうとしているルイスとアリスの思惑は、どこへ進むのか。 次巻も須らく期待である。2018/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13042052
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。