MF文庫J<br> 教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?〈7時間目〉

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?〈7時間目〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 13時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040645940
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「わたしは、このお話が、読みたかった」
――『教え子』の物語をついに描いた天神。
その新作の宣伝のため、担当編集者から提案されたSNS運用を始めるが、一向に認知が高まらない。
ヤヤにアドバイスを求めたところ、天神の自宅にて疑似新婚生活(!?)を送る冬燕と、予測可能回避不可能なご対面を果たすことに。
たちまち勃発する大惨事冬ヤ大戦――
「もう、天くんとキスした?」
「……は?」
「ヤヤは毎日ちゅっちゅしてる」
「はあああ!?」
挙句の果てには、星花と冬燕とヤヤの三人娘が、なぜか揃って動画に出演することになってしまい……? 
これは“才能の話”ではない。もっと根源的な、物語の価値についての話だ。

内容説明

「わたしは、このお話が、読みたかった」―『教え子』の物語をついに描いた天神。その新作の宣伝のため、担当編集者から提案されたSNS運用を始めるが、一向に認知が高まらない。ヤヤにアドバイスを求めたところ、天神の自宅にて疑似新婚生活(!?)を送る冬燕と、予測可能回避不可能なご対面を果たすことに。たちまち勃発する大惨事冬ヤ大戦―「もう、天くんとキスした?」「…は?」「ヤヤは毎日ちゅっちゅしてる」「はあああ!?」挙句の果てには、星花と冬燕とヤヤの三人娘が、なぜか揃って動画に出演することになってしまい…?“才能の話”ではない。もっと根源的な、物語の価値についての話。星花あずき赤裸々解説収録!「ずばり、申し上げましょう。本作のテーマは『愛』です!」

著者等紹介

さがら総[サガラソウ]
1986年生まれ。第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞作「変態王子と笑わない猫。」にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツバサ

18
天神先生が作家として迷走していたが、厳しいけどリアリストな編集と現実に向き合った結果モヤモヤが晴れて良かったです。届けたいターゲットを明確にしないと埋もれていってしまうのは確かにそう。冬燕が可愛いで終わるかと思いきや訪れてほしくなかった、いつかが…。さて、どうなる。2020/07/22

げんごろう

17
三人娘のドタバタ劇もさることながら、今巻は天神メインの物語で面白かったです。いつもは教える側の彼ですが今回は彼女たちに大切な事を教わったんじゃないかなと感じました。そしてラストのシーン……。さてさてどう転ぶか。次巻も楽しみです! 2020/08/03

真白優樹

14
新作の宣伝をSNSで始めるも伸び悩み天神が思い悩む中、ヤヤが何故かお泊りにやってくる今巻。―――その価値に意味はないとしても、もう悔恨はしたくないから。 物語の価値と言うものは誰が決めるのか。作者かそれとも編集者か。物語の本質的なもの、価値と言うものを徹底的に掘り進め、徹底的に描き切る巻であり、創作論も絡む中三人の少女の想いがぶつかり合う、重くて熱くて、天神の一つの到達点となる巻である。到達の先、一つの崩壊が終焉を導き始める中、天神は彼女にどう向き合うのか。彼女は闇に堕ちるのか。 次巻も勿論楽しみである。2020/07/28

ぶなぶな

12
これは天神にとっての物語の価値の物語。この世界では売れなければ意味がない。とはいえ、作家が物語の外側で努力することを求められたとして、仮面を被っただけの道化師はいつまでも続きはしない。星花でさえ孤高の月に昇りかけたのだから。それではきっと、売れなければ意味がなくとも、売れたところで意味はない。結局の所、志辺里の願いが響いて、天神の喜びはそこにある。面白いと思う物語を描いて、誰かを面白がらせたことを知って、彼等の為に描き続ける。彼自身の価値については一つ解決し、次巻はいよいよ星花と向き合うことになりそうか。2020/09/13

Merino

9
前置きであまりシリアスな展開にはならないような事を書いておいて結局はいつも絶妙なバランス展開。まぁそれを期待して読んでるんだけど。そして今回は考え方とかキャラクターの入り乱れ感が凄まじくて騒がしくてメチャ面白かった。 ただ一点引っ掛かったのは、主人公が「愛されることに慣れていない」との主張をするのだが、自分からすれば『は?どの辺が?』という感じ。 最後に星花ちゃん様の鋼メンタル崩壊の危機のお知らせがあり、次巻への期待が膨らむ。2020/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15732195

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。