MF文庫J<br> 隣のキミであたまがいっぱい。

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
隣のキミであたまがいっぱい。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 08時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040643250
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

他人の思考が読めてしまう。
便利そうな力だなんて思っていたけれど、自分の意思にかかわらず四六時中他人の考えていることが聞こえてくるのは相当鬱陶しいらしい。
まあそう言われればそうか、なんて他人事に思っていたんだが……。
どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺にだけに限定されて、静かで落ち着くらしい。だからってちょっと距離感近すぎないか!?
そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

内容説明

同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。まあだからといって同情はするが、俺に出来ることなんてない。そう思っていたんだが…。どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺だけに限定されて、静かで落ち着くらしい。だからって、距離感おかしくないか!?いやべつに、俺は美少がそばにいるからって、ドキドキなんかしていないから!!―そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むっきゅー

44
周囲の思考が頭に流れ込んでしまう如月さん。でも北斗くんの傍に居ればその全て遮断され、北斗くんの思考のみが聴こえる。少しSFチックな設定のラブコメ。その距離半径2メートル。友達以上恋人未満の二人の会話が中心で、淡々と進む高校生活が描かれる。如月さんは黒髪ロングのクールビューティーな外見に似合わず少し残念なキャラクターであり、他人の思考が読めるため周りに嫌われトラブルに巻き込まれるところが、庇護欲を感じずにはいられない。如月さんが告白された場面に遭遇し、混乱した思考を如月さんに読まれたシーンがニヤニヤでした。2020/01/29

よっち

39
『他人の思考が読めてしまう』特殊能力を持つ美少女・如月那緒が、隣にいれば宇佐美北斗だけに限定されると気づき共に過ごすようになる青春ラブコメ。常に他人の考えていることが聞こえてしまう彼女がようやく見出した安住の居場所。そんな如月を忌避することもなく、思考がだだ洩れ前提の会話が当たり前になってゆく北斗は彼女にとってかけがえのない存在で、普段は感情が乏しそうに見える彼女が時折北斗にだけ見せる表情には凄まじい破壊力がありますね。今は無自覚でも日々の積み重ねでお互い唯一無二の存在と化してゆく二人の今後が楽しみです。2020/01/23

スズ

34
他人の思考が読めてしまう少女如月と、彼女の能力が効かない唯一の少年北斗の連作短編式の学園ラブコメ。能力を封じてくれる北斗の側で他者の思考に侵されない平穏を求めていた如月ですが、傍から見れば完全なカップルにしか見えない姿に、彼女が求めているのは北斗自身との大切な時間なんだなあとほんわかとした気持ちに。恋人未満友達以上ですが、恋人寄りに見えるのに中々くっつかない絶妙な距離感のやきもき&甘酸っぱさが癖になる。大好きな蜜柑を頬張る如月の幸せそうな笑顔も素敵で、締める時はしっかり締めて彼女を守る北斗も非常に良いです2021/06/16

真白優樹

26
他人の思考が望んでいないのに読めてしまう少女が、何故かその能力を自分だけに制限できる少年と出会い始まる物語。―――ここから先は二人だけの世界。君がいるから閉じていても温かい。 心が読める、だから嘘がつけない。そんな非常事態に襲われながらも関係ないとばかりに淡白。はぐれ者な二人が出会い、何でもない日々を過ごしてお互いが特別になっていく。そんなちょっと不思議な甘々なラブコメであり、静かでゆっくり、だけど心地よい。そんな心に染み入るかのような優しい物語である。特別な二人の次の景色とは。 次巻も須らく期待である。2020/01/25

げんごろう

21
劇的な展開がなく、淡々と綴られていく作風はある意味新鮮かもしれないですね。そんな中でも、徐々に縮まっていく二人の距離感が絶妙。設定こそ特殊ですが、普通の高校生二人の何気ない日常を覗き見た感覚です。読了後、爽やかで心地よい気持ちになれる作品ですね! 2020/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14985174

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。