MF文庫J<br> アキトはカードを引くようです〈2〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
アキトはカードを引くようです〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月06日 15時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040641874
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

頭角を現すアキトたちが挑む危険なバトル――究極のバトルエンタメ第2弾!

内容説明

この世界に現れた女神が人類に与えたカードの力ですべてが決まる時代―運命の秘書カード・キャロルを引き当て、カードマスターとなった高槻アキト。初めてのバトルカード・アルファロメオを手札に様々な戦闘を経験していく中、コロッセオの闘士メリッサとナツメとチームを結成することに。それぞれの役割と長所を組み合わせたチームは破竹の快進撃を見せ、初めての“仲間”に居心地の良さを感じるアキト。そんな彼らは、グレゴリオという男から持ちかけられた非公式の高額賞金のバトルを引き受ける。その戦いに、極めて危険な罠が張り巡らされているとも知らずに―WEB発最強成り上がりバトルアクション第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しぇん

17
チーム戦がメイン。主人公こんな目標だったっけ?と違和感を感じてしまいましたが、まぁ良いキャラしてるので…・カードの使い捨て問題になってしまいましたが、結論出すの難しそうですね。2020/04/26

真白優樹

9
様々なバトルを経験しチームを組んだメリッサとナツメと共に快進撃を続ける中、非公式の高額賞金バトルに罠が待ち受ける今巻。―――勝負の世界はいつも非情、生き延びたくば全てを天秤にかけよ。 アキト達それぞれの心中が色濃く描写され更に激しさを増すバトルが更に熱を掻き立てる中、それぞれの戦闘、そしてカードに対する想いの違いが不和を招く今巻。濃厚で至高、そんな熱さを二乗する勢いで増したバトルが心を盛り上げてくれる巻であり、更に物語の世界に引き込まれる巻である。果たして次なる戦いとは。 次巻も須らく期待である。2019/11/27

リク

7
なかなか面白くってきた。相変わらずカードバトルというよりは召喚バトルとかそっちに近いけど。仲間と肩を並べることで、プレイスタイルの違いとか出てきたのがいいね。カードが好きだから、目立ちたいから、金を稼ぎたいから、野望があるから。ルールを守るのであれば、どんな理由であれ強くなろうという意思に貴賎はない。プレイスタイルの違いで批判しないアキトは良いやつだ。だからこそ好きという気持ちで強くなってほしい。キャロの呟きも胸に残った。託されたカードと新たに迎えたカードとともに、上を目指せアキト!2019/12/10

HANA

3
チーム仲が深まった状態でのチーム戦。カードが実体化している意味が出てきた雰囲気で面白くはなってきている感じ。これからどうなるか。2020/02/22

猫殿宰相

1
AAのイメージが強いせいかもしれんけどイラストがどうにも違和感強くて仕方ない。本編に関しては小説に書き直す作業にこなれてきたのかなかなかイイ感じ。特にメリッサのキャラは良いね。2020/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14607129

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。