MF文庫J<br> ようこそ実力至上主義の教室へ〈11.5〉

個数:
電子版価格 ¥563
  • 電書あり

MF文庫J
ようこそ実力至上主義の教室へ〈11.5〉

  • ウェブストアに97冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040640075
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

学校側の介入というアクシデントがあったものの、1学年の最終試験を退学者なしで乗り越えたCクラス。最後の行事、卒業式を迎える。兄との最後の接触に踏ん切りのつかない堀北にアドバイスを与えつつ、綾小路は月城理事長代行対策に動き出す。システムにはシステムで対抗、坂柳理事長に連絡を取り、1年Aクラス担任の真嶋、茶柱と秘密裏に接触、交渉を試みる。一方で綾小路の偽の姿について疑念を持つクラスメイトも現れていた。好奇心と願望の下、1年Cクラス松下千秋が綾小路の追跡を始める。そして1年という月日は生徒同士の関係を大きく進展させるには十分な期間で――。新たな学園黙示録、1年生編完結!

内容説明

学校側の介入というアクシデントがあったものの、1学年の最終試験を退学者なしで乗り越えたCクラス。最後の行事、卒業式を迎える。兄との最後の接触に踏ん切りのつかない堀北にアドバイスを与えつつ、綾小路は月城理事長代行対策に動き出す。システムにはシステムで対抗、坂柳理事長に連絡を取り、1年Aクラス担任の真嶋、茶柱と秘密裏に接触、交渉を試みる。一方で綾小路の偽の姿について疑念を持つクラスメイトも現れていた。好奇心と願望の下、1年Cクラス松下千秋が綾小路の追跡を始める。そして1年という月日は生徒同士の関係を大きく進展させるには十分な期間で―。新たな学園黙示録、1年生編完結!

著者等紹介

衣笠彰梧[キヌガサショウゴ]
PCゲームの企画・シナリオを主に担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

60
★★★★☆ 周りの評価は割と高いが個人的に消化不良感が途轍もないことになっているため正直微妙…物語自体は文句なしに面白かったが(特に)10巻以降不足がちだった日常パートなり恋愛パートなりを楽しめることが出来るのが.5巻だと思っていたので、ここまで12巻に繋ぐためのいわゆる布石巻になってしまっているところはかなり残念だった。また一之瀬とのくだりなり軽井沢とのくだりなりでは見方によっては綾小路に対して若干のヘイトが溜まらなくもないところも…?最後の2、3ページで言っているようなことも理解出来るのだが、あまり→2019/09/25

むっきゅー

54
春休み回。堀北兄の卒業と堀北の成長ぶりをメインに、月城代行とホワイトルーム側の陰謀に対する対抗手段を準備する話。1年間を振り返り各人の成長が確認でき、また綾小路自身も新学期に向けて目標を再設定する。軽井沢との関係を進めたラストシーンとイラストが印象的でしたが、ボクには綾小路がAIか何かにしか見えない。恋愛感情を分析しようとするディープラーニング...。本文中でも、二重人格のような心の声があったが、この1年間で獲得した新な人格であるならば、卒業時には元のAIの人格を上書きし、人間性を取り戻すのではないかと。2019/09/28

トンちゃん

47
今までの0,5巻とは少し趣が違い、次巻以降への伏線や状況の変化が大きくみられる1冊でした。結構ニマニマするシーンが多かったんですけど最後のページで改めて綾小路の怖さを知った感じです(汗 対理事長代行戦では、先生方を味方に引き込もうと暗躍したり、一之瀬の一年後への伏線であったり、堀北兄妹のわだかまり問題解決であったり…更には次巻以降での新敵の予告めいたシーンや、まさかまさかの綾小路の告白w 今後の伏線のひとつなのでしょうけど…超ビックリ笑 もうひとつびっくりしたのは挿絵。男3人の連れション後ろ姿誰得ってねw2019/11/13

たけ

43
★★★★★ 春休み回。堀北は自分の殻を破って成長し、今後の活躍に期待大!一ノ瀬はもう綾小路君に攻略されかかってる笑。一方その裏では、一部の人間が綾小路君の能力に疑問を持ち始めいる。これから月城理事長代行の妨害が激化するだろうし、一体どう立ち回るんだ綾小路君!その肝心の綾小路君はちょっとずつ変わっていく自分の心の変化に疑問を感じているみたい...。そんな疑問感じなくていいんだよ、それは普通の感情なんだよ!と言いたくなるぐらいに彼の心をここまで壊したホワイトルームでの教育はどんなものなのか。→2019/09/30

ツバサ

40
一年生編終了。短編という皮を被った本編。春休みの日常が描かれているが、本編同様に重い内容が挟まっていて、読み応えがあります。清隆が理事長とどう対決するのか、堀北との勝負、軽井沢との関係の変化の影響、二年生編も楽しみです。2019/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14297306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。