偕成社ノベルフリーク<br> 二ノ丸くんが調査中―黒目だけの子ども

個数:

偕成社ノベルフリーク
二ノ丸くんが調査中―黒目だけの子ども

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月22日 18時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784036490608
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

「やめておいたほうがいい、都市伝説をためすのは」二ノ丸くんが調べるその都市伝説はホンモノか? こわさがクセになる連作短編集。

石川宏千花[イシカワヒロチカ]
著・文・その他

うぐいす祥子[ウグイスサチコ]
イラスト

内容説明

発動してしまったら、人の力ではどうにもできない…。そんな都市伝説を二ノ丸くんが調査する!「おたけさんのねがい」「透明人間の名札」「黒目だけの子ども」「まぼろしのプラネタリウム」…の四話からなる連作短編集。小学校高学年から。

著者等紹介

石川宏千花[イシカワヒロチカ]
女子美術大学芸術学部卒業。『ユリエルとグレン』で講談社児童文学新人賞佳作を受賞

うぐいす祥子[ウグイスサチコ]
漫画家。2003年にデビュー。ひよどり祥子名義の作品もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

55
2巻目は、明らかにホラー系となった。やや怖いラストが目立つ4編。二ノ丸瞑から神秘性が去り、都市伝説を徹底的に調査する探偵キャラになったようだ。むしろ神秘や不思議は、瞑の周囲にいる人物として顕在化していくようだ。きょん太は相変わらず一方的な思い込みなので、友情がすれちがってばかりだが、それでも友だち付き合いができている。不思議なのは、小学生という存在そのものかもしれない。2020/02/08

☆よいこ

43
都市伝説を調査している二ノ丸くん。小泉今日太(きょうた)は二ノ丸くんが気になってしかたがない。[おたけさんのねがい]はるかぜさんのおねがい「あしたもいい日」はシロマル。「いつかまたりんごの木のしたで」はクロマル。[透明人間の名札]ナオキは二ノ丸くんに話しかければよかったのに[黒目だけの子ども]ブラックアイドキッズ若菊百余(わかぎくももよ)[まぼろしのプラネタリウム]まぼろしの回が終わると宇宙に行く▽キャラが増えていく。2019/09/29

杏子

17
二ノ丸くんシリーズ?第2段!都市伝説の怖い部分が際立っている。黒目だけの子どもの話もだが、プラネタリウムの話がとても怖かった!どうなったのか?わからないで終わるのが。そんな怖いことも、今日太くんにかかってはすっかり明るくなってしまう。救われているのかも?続きがあれば、また読んでみたい。2019/07/29

kiki

5
人の欲望と書くと汚らしく思えるが、それが誰かへの恋心だったりしたら、案外可愛く思えるもの。真剣であれば、あるほどに、人はその欲望に近い願いを叶えるためになら、意味不明な噂をためしてみたりするもの。見る方向が違えば、こんなに怖い話になるとは…。嫉妬とか嫌悪とか、するとろくなことはないとは思うけれど、自然に湧き上がる心とどう向き合うのかは今でも自分の課題だ。最後は悲しいけれど、彼の選んだ道を責めることはできないと思う。でも、たった26歳。そのうち2年つまづいただけで、この結末は辛いと思うな…。2020/09/17

へへろ~本舗

4
最初の二作…救いがない…2020/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12598303

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。