• ポイントキャンペーン

きみにもできる国際交流〈24〉ブラジル・ペルー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784036297405
  • NDC分類 K290

内容説明

日本から見ると、ちょうど地球の反対側にある南アメリカ大陸の二つの国、ブラジルとペルー。遠い国なのに、100年以上も前から、たくさんの日本人が移住している。サンバのメッカ、ブラジル。インカ帝国の遺跡、ナスカの地上絵のあるペルー。トウモロコシやトマト、ジャガイモなど、日本人になじみの野菜はペルー原産だ。この本を読むと、いろいろなことに気がつくだろう。小学中級から。

目次

ブラジルへ行こう(地球の反対側;人種がいろいろ ほか)
ペルーへようこそ(アマゾン川の源流はペルー;インカの世界へ行こう ほか)
日本で見つけたブラジル・ペルー(日本の中のブラジル;姉妹都市交流 ほか)
もっと知りたいブラジル・ペルー(基礎知識;歴史 ほか)

著者紹介

富盛伸夫[トミモリノブオ]
東京外国語大学副学長、外国語学部教授。専門は一般言語学、ロマンス言語学、スイス・ロマンシュ語研究。主な著訳書は「ソシュール小事典」など

河野彰[コウノアキラ]
大阪外国語大学教授。専門はポルトガル語学。論文に「在日ブラジル人のポルトガル語に見る日本語からの借用語」などがある

千葉泉[チバイズミ]
大阪外国語大学助教授。イスパノアメリカ民衆文化専攻。著書に「馬に乗ったマプーチェの神々」、抄訳書に「Cuentos Antiguos del Jap´on(日本の昔話)」がある

李圭勲[リーキュウフン]
韓国YEILデザイン専門学校卒業。イラストレーターとしてソウルで活躍。その後武蔵野美術大学に留学

出版社内容情報

日本とは反対側にある南米に、百年も前から日本人が多数移住した。アマゾンの大自然やアンデスの謎の多い文化遺産、ジャガイモ等のルーツに触れ、お互いの人間交流に迫る。   小学校高学年から