めぐる季節の話

個数:

めぐる季節の話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 08時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 273,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784035409700
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C8393

内容説明

「緑のスキップ」「初雪のふる日」「花豆の煮えるまで」ほか、闇から光への幻想11編と著作目録。

著者等紹介

安房直子[アワナオコ]
1943年、東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表。「さんしょっ子」第三回日本児童文学者協会新人賞、『北風のわすれたハンカチ』第十九回サンケイ児童出版文化賞推薦、『風と木の歌』第二十二回小学館文学賞、『遠い野ばらの村』第二十回野間児童文芸賞、『山の童話風のローラースケート』第三回新美南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで―小夜の物語』赤い鳥文学賞特別賞等受賞作多数。1993年永眠
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うめ

22
小学生の頃何度も繰り返し読んだ小夜の話。あの頃は何故この物語に魅かれるのか分からなかったのですが、今回のエッセイを読んで納得しました。私も小さい頃は喘息持ちで幼稚園も小学校も年の半分も行けなかったから。だからこの物語からかおりたつ、ある種の孤独に、強いシンパシーを感じていたのだと思う。大人になって読み返し、美しいけれども切なく、どこか悲しい位に孤独な話の数々に、あの頃の私はここに救いを求め、実際救われていたんだろうなって思った。物語の力は、言葉が織りなす世界はいつだって、偉大だと思う。2015/04/27

りるふぃー

11
全部知ってる物語なので、エッセイ部分を楽しみに読みました。安房さん、80年代の少女漫画の主人公みたいに乙女で可愛らしい。健気なかわいい奥さんだったんだろうな!たしか 養女だと思ったんですが、そのお母さんに本当に大切にされた、幸せな子ども時代だったんですね。文学少女だった人なら共感してしまうかもしれないエピソードがたくさん。これで安房直子コレクションも読み終わってしまった。寂しい!なんで全集じゃないんだろう。全て読みたいよぅ。2018/06/05

みー

11
「花豆の煮えるまで」素朴な味わいがあって、今ではない時代の生活感が温かく描かれていてよかった。雌鶏のお話は・・そんなー酷いよ!!と、憤ったり、ウサギの話では背筋がゾゾッとしたりと、ころころと変わる感情を楽しめた。最後のエッセイも、読みごたえがあって、作者の人となりが分かり、とてもよかった。2017/01/16

おはなし会 芽ぶっく 

10
『さんしょっ子』 https://bookmeter.com/books/16101166 を始め安房直子さんの絵本を読むことが多く、しっかりと文章を味わいたいと思い見つけたシリーズ。11編の短編とエッセイ。『 緑のスキップ / もぐらのほったふかい井戸 / 初雪のふる日 / エプロンをかけためんどり / 花豆の煮えるまで / 風になって / 湯の花 / 紅葉の頃 / 小夜と鬼の子 / 大きな朴の木 / うさぎ座の夜 / 以下エッセイ 焼きりんごのこと / 母のいる場所は金色に輝く / 運動ぎらい →2020/09/06

ゆり

10
『エプロンをかけためんどり』がちょっと悲しいけどお気に入り。めんどりが作ってくれるたまごやきやホットケーキって心惹かれて仕方ない。『花豆の煮えるまで』は昔読んだことがありましたが通して読むとこれも好き。ゆりの花の香りにつつまれた鹿の結婚式って素敵。小夜ちゃんのお母さんはもう娘の元に戻ってくることはないのかしら。人と山の世界が朴の木の話でやんわり隔てられて、でもそれが誰が悪いでもない自然な感じがするのはちょっと良かった。エッセイも素敵です。私は教科書では『ねずみが作った朝ごはん』が大好きだったな。2019/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/31558

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。