星と宇宙のふしぎ109―プラネタリウム解説員が答える天文のなぜ

個数:

星と宇宙のふしぎ109―プラネタリウム解説員が答える天文のなぜ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年09月27日 20時48分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784035278900
  • NDC分類 K440
  • Cコード C8044

内容説明

NHKラジオ第1「夏休み子ども科学電話相談」の“天文・宇宙の先生”もつとめる、プラネタリウム解説員が、全国から集まった星や宇宙の疑問109個にズバリ回答。美しい天文写真もいっぱい。小学校中学年から。

目次

第1章 空のふしぎ(流れ星の正体は?;流星群はいつ見える? ほか)
第2章 太陽のふしぎ(太陽は地平線に近いとなぜ大きい?;太陽はどんな仕事をしているの? ほか)
第3章 月のふしぎ(月の形が変わるのはなぜ?;月の大きさはどれぐらい? ほか)
第4章 星のふしぎ(星はいくつあるの?;星は昼間どこにいるの? ほか)
第5章 惑星のふしぎ(太陽系ってなに?;冥王星はなぜ惑星でなくなったの? ほか)
第6章 宇宙のふしぎ(天の川ってなに?;銀河系ってなに? ほか)

著者等紹介

村山定男[ムラヤマサダオ]
東京生まれ。元・天文博物館五島プラネタリウム館長。東京帝国大学理学部卒業。国立科学博物館理化学研究部長や天文博物館五島プラネタリウムの館長等を歴任。「星の手帖」編集委員も務めた

永田美絵[ナガタミエ]
東京生まれ。天文博物館五島プラネタリウム、東急まちだスターホールを経て、現在、コスモプラネタリウム渋谷(渋谷区文化総合センター大和田内)解説員。大学やカルチャーセンターで天文の講演を行うほか、2000年よりNHKラジオ第1「夏休み子ども科学電話相談」の天文・宇宙担当回答者を務めるなど、「星の伝道師」として活動

八板康麿[ヤイタヤスマロ]
東京生まれ。天文写真家。日本大学芸術学部写真学科卒業後、出版社を経て、写真家に。数多くの写真展を開催。1983年、日本写真家協会大賞受賞。1995年、日本絵本賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。