ツバメのたび―5000キロのかなたから

個数:

ツバメのたび―5000キロのかなたから

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月06日 02時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 40p
  • 商品コード 9784034373903
  • NDC分類 E
  • Cコード C8745

内容説明

だれかがぼくをよんでいる。とおくでぼくをよんでいる。にほんから5000キロもはなれたみなみのくにマレーシアから、1わのツバメがとびたった。なんのためにツバメはどこをめざすのか…うみをこえ、たびはつづく。ツバメのいきつくさきは?4歳から。

著者等紹介

鈴木まもる[スズキマモル]
1952年、東京都に生まれる。東京芸術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。全国で鳥の巣展覧会を開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chiaki

40
生まれ変わったら旅をするツバメになりたいという長女に読み聞かせ。風に乗って海を越え、雨に打たれ、遥か遠くの地を目指して、一体いくつの夜を越えて来るのだろう。スピード感ある挿絵にみとれる。5000キロも離れた東南アジアの地からやって来るのだそうだが、未だよく分かっていないことが多いとのこと。日本では、ツバメが家にやって来ると縁起がいいと巣作りから巣立ちまで見守り大切にしますが、その習慣って素敵だなぁと改めて感じました!本書でも「ツバメさん ごめんね おちた」と絵があり、その愛情にとてもほっこりしました。2020/09/19

gtn

37
ついこないだ、知人が亡くなった。テレビを見ながらうたた寝をしていたので、妻が布団で寝るように促したが、目を覚ますことはなかった。一週間後に立ち退く予定だったが、生まれ、育った家から出ていくことに未練があったのだろう。彼といい、5千キロを旅して日本に帰巣するツバメといい、どうしようもない本能に突き動かされている。"業"と言ってもいい。共通するのは、それが彼らにとっての幸福希求なのだろう。2021/10/13

Kikuyo

24
この頃コンビニやパチンコ店の軒に巣をつくり、ヒナが親鳥のエサを待ってる姿があまりに可愛くて、ふと手に取りました。5000キロもの遠方から海を越え日本へやってくるツバメ。途中休むところやエサは満足にあるのだろうか、生命にプログラミングされた本能とは本当に驚きですね。スゴいな。2017/07/21

mari

18
鳥の巣研究家の鈴木まもるさんの、鳥への愛にあふれた学べる絵本。この絵本を読んだ誰もがツバメに対して見る目が変わるはず^^2014/08/07

サウスムーン

17
まだ正確には分かっていないというツバメの長い長い旅のおはなし。家族を作るため、子どもに出会うため、ツバメは毎年やってくるのだ。鈴木さんの絵は臨場感と温かみがある。春に読み聞かせしたい1冊。2017/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/364622

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。