和食のだしは海のめぐみ<br> 和食のだしは海のめぐみ〈1〉昆布(こんぶ)

個数:

和食のだしは海のめぐみ
和食のだしは海のめぐみ〈1〉昆布(こんぶ)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 09時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 40p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784034368107
  • NDC分類 K667
  • Cコード C8362

出版社内容情報

2013年、ユネスコ(UNESCO=国際連合教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された「和食:日本人の伝統的食文化」。その和食の味つけの基礎となり、素材のおいしさをそこなわずに料理にまとめるのが、「だし」の役割です。だしといえば、まず「昆布」「鰹節」「煮干」の3つが思いうかびますが、昆布は海藻のコンブ、鰹節は魚のカツオ、煮干は魚のイワシと、どれも、もともとは海の生きものを加工してつくるものです。その意味で「和食のだしは海のめぐみ」だといえるでしょう。第1巻『昆布』では、コンブがどんな海藻で、どう獲るのか、だし昆布はどうつくるのか、なぜ生きているコンブからはだしが出ないのか、昆布の歴史、いろいろな昆布、昆布だしのとり方、昆布料理、お祝いに使われる昆布、海のコンブに迫る危機などを、美しく豊富な写真を使って、わかりやすく紹介します。

内容説明

この本のテーマは昆布です。コンブはどんな海藻で、どこでとれるのか、だし用の昆布はどうつくるか、利用の歴史、いろいろな昆布、だしのとり方、昆布料理などを、豊富な写真を使って紹介します。

目次

和食と昆布
コンブってどんな海藻?
コンブと北の海の生きもの
コンブ漁
コンブ干し
生きているコンブからはだしは出ない
コンブの出荷
昆布ロードと北前船
昆布のいろいろ
昆布だしをとってみよう!
よろこびを運ぶ昆布
コンブにせまる危機!

著者等紹介

阿部秀樹[アベヒデキ]
1957年、神奈川県藤沢市生まれ。立正大学文学部卒業後に本格的にダイビングと水中写真を始め、フォトコンテストで数々の賞を受賞した後、写真家として独立。北海道から沖縄まで多様性あふれる日本の海と、それを取り巻く人や生物のさまざまな姿をテーマとして撮影をおこなっている。特に水中生物の生態行動の撮影では国内外の研究者と連携して、国際的な評価を得ている。テレビ番組や映画等の撮影やコーディネートもおこなっている。静岡県伊豆の国市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

今庄和恵@神戸元町コネクトロン

11
読友さんのレビューから。昆布ロード富山生まれなので、町には昆布屋さんが何軒もありました。これが当たり前だと思っていました。写真がすばらしい。この昆布の生き生きとした様子に昆布屋を目指す子供もいるのではないかと思わされる。写真は対象への愛だということを再認識と共に、昆布を味わえていることの僥倖にも感謝。2021/02/23

おーちゃんママ

4
だしをとった後の昆布をオリーブオイルで揚げる!これ是非やってみたいです。今まで味噌汁を作る時、煮干しオンリーでだしをとっていましたが、昆布も使いたいと思います。2021/01/14

joyjoy

2
だしの素材について知りたくて手に取る。いろいろな種類の昆布のちがいを程よく知ることが出来た。写真もすばらしい。コンブ漁の漁師さんがかっこよかった。我がふるさとではワカメの養殖をしているが、昆布は北の冷たい海!自然の恵みと、それを届け続けるために働いてくれている人々に感謝。2021/05/29

コスモス

0
きちんと知ることのなかった昆布。北海道の寒い海の中で育って、天日干しにされて、全国へ。奈良時代から食べられているそう。利尻昆布や、羅臼昆布は高級な料理のだしに使われているそう。 古くは天皇陛下に献上されていた高級品で、北前船で京都や大阪などの港に箱ばれていたため、関西では佃煮など昆布のおかずが多いのか。なるほどなぁ。 身近な食材の奥深さを知り楽しい。2021/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16623819

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。