はらぺこゾウのうんち

個数:
  • 動画あり

はらぺこゾウのうんち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月26日 06時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 40p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784033327808
  • NDC分類 K489
  • Cコード C8745

出版社内容情報



森でみつけた大きなうんち。ゾウの森には長いこと雨がふっていません。葉っぱや草が少なくなり、はらぺこになったゾウは……。ここは、赤道の近くにある、南アジアの国。森の中で、ぼくはとても大きなうんちをみつけました。うんちをした動物は……。
アジアゾウは森にくらし、長い鼻を使って、葉っぱや草をたくさん食べ、水も大量に飲みます。だから、うんちも大きいのです。
ところが、このゾウの森では、とてもこまったことが起きていました。もう長いこと、雨が一滴も空からふっていないのです。そうすると植物が育たず、葉っぱや草が少なくなり、ゾウは食べものや飲み水にもこまります。はらぺこになったゾウは……。
ゾウや、さまざまな生きものがすむ熱帯雨林のジャングルに今、深刻な異変が起きています。

藤原幸一[フジワラコウイチ]
著・文・その他/写真


内容説明

ここは、赤道の近くにある、南アジアの国。森の中で、ぼくはとても大きなうんちをみつけました。うんちをした動物は…アジアゾウは森にくらし、長い鼻を使って、葉っぱや草をたくさん食べ、水も大量に飲みます。だから、うんちも大きいのです。ゾウや、さまざまな生きものがすむ、自然のゆたかな熱帯雨林のジャングル。いま、その森に深刻な異変が起きています。小学校中学年から。

著者等紹介

藤原幸一[フジワラコウイチ]
秋田県生まれ。生物ジャーナリスト、写真家、作家。日本とオーストラリアの大学・大学院で生物学を学ぶ。その後、野生生物の生態や環境に視点をおき、世界中をおとずれて取材・撮影をおこなっている。学習院女子大学・特別総合科目「環境問題」講師。ネイチャーズ・プラネット代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみきーにゃ

66
《図書館》写真絵本。娘と読みましたがゾウさんのうんち大きーい!と大喜び。うんちからレジ袋は衝撃的。2020/09/05

れっつ

32
藤原幸一さんの写真絵本。黒々と立派なゾウのうんち。森がゆたかで広い水辺がなければゾウは生きていけないのに、地球温暖化の影響で、ここ10年で9回も干ばつが起きている。そうすると柵内に水やエサが無くなり、ゾウたちはエサを求めて柵の電流に触れて命を落としたり、人間の住む地域へやってきて、人工物や危険がいっぱいのゴミの山をあさって食べる。そんなゾウのうんちにはビニール袋などが混じっていたり、食べた物が原因で死んでしまうゾウもいる。冒頭の黒々と立派なうんちの写真には、ゾウが住み良い森を守る祈りが込められている…。2019/01/13

トリオネア

30
地球温暖化の影響で飲食物が無くなり、人の出したごみ(ビニール)を食べて死んでしまうゾウ達。関係のない些細なことに思えても、地球環境に変化があると、知らないところでこんなにも影響があるんですね。2019/11/17

ヒラP@ehon.gohon

20
黒々して大きなうんちは、ゾウさんの健康的なうんちです。 この写真絵本でゾウさんの行動を追い求めていくと、自然のことや、環境のことが、ゾウさんのうんちにとても関係していることを知りました。 食べ物がなくて、人間の社会に迷い混んだゾウさんのうんちは悲惨です。 大好きなゾウさんを通して、人間として考えなければ行けないことを、痛切に感じました。2019/10/23

遠い日

16
藤原幸一さんの本なので、覚悟はして読みましたが、ビニール袋の生き物への被害は海の生き物たちだけではないことに、危機感を抱く。ゾウが腹ぺこになる理由もまた、地球温暖化による干ばつが起きること。何もかもひっくるめて、環境破壊はギリギリのところまで迫っていると感じる。2018/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13199289

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。