キーツの絵本
ピーターのめがね

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5変判/ページ数 1冊(ペ/高さ 23X25cm
  • 商品コード 9784033280905
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

出版社内容情報

ピーターが空地で見つけたすてきなめがねを、町のいじめっ子たちがよこどりしようとしますが・・・。下町っ子のたくましい姿を描く。   4才から

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tokotoko

39
ピーターシリーズ、3冊目です。前回の「てがみ」から、だんだん意志の強さが表面に出てきたピーター。この「めがね」では、その意志に、逞しさが加わります。満足そうな表情でめがねを持つピーター。でも実はこれ、落ちてたものみたいです!友達のアーチーと喜びを分かち合ってる場に、いじめっ子登場です・・・。大人の方にはきっと、懐かしさをくれます。子どもさんにはきっと、「負けるな!頭を使うんだ!」って勇気をくれます。オトボケ顔のピーター、意外にも・・・大活躍篇です(ピーター、ごめんね!また読むから、許してねー!)。2014/08/23

Willie the Wildcat

39
阿吽の呼吸。機転とちょっとした勇気が、宝物を守る。無論、愛犬ウィリーの、ピーターを思う気持ちも貢献。隠れ家かぁ~。”家”ではないけど、小さい頃に釣りとかした近所の河川敷の”穴場”が、それに近いかな。(笑)絵は、どこか懐かしさを感じさせる水彩画。雑然とした裏道、落書き・・・。特に、落書きが身近。但し、木壁ではなく、ブロック壁と道路に書いたなぁ。国は違えど子供のやることは同じ!(笑)2014/04/12

ヒラP@ehon.gohon

32
実体験をもとにしたお話だそうです。現代のニューヨークの町そのままだそうです。そう考えると、こわい町だなぁという印象が残ります。 ピーターが見つけたメガネを、暴力で取り上げようとするいじめっ子たちと、いつまた遭遇するか解らない緊張感が残ります。 ピーターのしてやったり感はあるけれど、喜んでばかりはいられないお話でした。2021/09/11

Lesen

21
空き地でめがねを見つけた。大きな男の子達に出会い「そのめがね、よこしな!」と。大きい子達が出てくる場面は殴られたりしてハラハラします。男の子の世界ですね。でも、生き生きしてます。めがねだけではなく、こういう出来事も宝物になるんだろうな。ピーターが段々と成長していく過程が微笑ましいシリーズ。2014/11/17

19
図書館本/これまで読んだシリーズの中で、一番ハラハラドキドキのヴァイオレンスな展開ですが、すっかりお兄ちゃん顔のピーター。年上の男の子たちと対等に渡り合いつつ、逃げるが勝ちの頭脳戦。でも一番活躍したのはウィリーかな?賢い!2021/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528892

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。